プルぽんの☆うまねこトーク

元気の源、馬と猫のエピソードや近況をお届けします!

被災馬支援 6

2013-03-13 13:38:51 | 被災馬支援
以前、何度かこのブログでも震災による被災馬支援の事を書きました。

でも、しつこく私がお願いしなくても、支援される方はされているだろうし、としばらく書いていませんでした。

が、2年たち、テレビなどでまた震災関連のものを目にする事が多くなったこの機会に改めて被災馬支援をお願いしたいと思います。

これまでも実際に被災地でボランティア活動をされた方、募金をされた方、私よりもはるかにいろんな形で支援された方がたくさんいらっしゃると思います。

そう思いながら私がお願いするのは気がひけるという気持ちもあるのですが、話題に出す事も1つの支援の形だと信じて書く事にしました。


被災馬と飼い主さんへの支援は、馬好き、動物好きの方に限られてしまって、全体の支援の中でも少ないのではないかと思われるので、ここではいつも「被災馬INFO」を紹介しています。

現在、どういう支援が必要となっているか書かれていますので、是非ご覧下さい。

よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被災馬支援 5

2011-08-28 20:00:07 | 被災馬支援
ずっと被災馬の動向が気になり、ケータイで見れる範囲でいろいろ見て、いろいろ思うところがありましたが、なかなかブログの記事にするまでに至らず…

私は現地に行ったこともなく、被災馬に実際会ったこともないので、どんなに大変な事態なのか本当のところ、ちゃんとわかってないんだろうなぁ、と思います。

でも、被災馬INFOから「ハーモニィドーケージ」のことを読んだ時には不思議な感じがしました。


「放浪馬を保護しています」

「放浪馬」という言葉。
さまよっている馬がいて、保護するという事態。
新しい名前をつけて健康手帳が再発行されるという事態。

どれも今まで思いもよらなかった非現実的なことが、実際に起こっている現実なんだ…。
異常事態だ…。

もちろん、それまでにも被災地の様子の映像や写真を見て、えらいことになった、と思っていたのですが…。
何だろう?
なんだかそれまでと違う感じがしました。

ハーモニィドーケージは飼い主さんが見つかったとのことで、良かったです。

日高町への疎開も始まり、先日、第一陣の9頭の馬達の馬主さん達が日高に来られていました。

以前紹介した藤沢澄雄さんのブログ、「Do議会でGO!」にその様子が書かれています。

「福島より被災馬関係者が来道」です。

ちょうど、このご一行様が藤沢さんの牧場に着いた時、私もそこに居ました。

相馬の方々の、馬と接する感覚がどんなものなのか…日高とは全く違うし、乗馬クラブの競技馬のオーナーとも違うようだし…家族のようにル~を飼っている私とも似ているようで違うんだろうし…お話を伺ってみたかったのですが、私は仕事中だったもので、残念ながら挨拶をしただけでした。

北海道だとたまにしか愛馬に会えないでしょうから、早くそばで暮らせるようになることを願います。


「被災馬INFO」ですが、震災から2ヶ月たった時の報告がしばらく出ていましたが、5ヶ月たった報告に更新されています。

支援は長期に渡るようですので、支援できる方は引き続きよろしくお願いいたします。

また、私もですが、お金がなくても署名するものもありますし、支援が必要であることを人に話すのも、被災馬支援になるのではないかと思います。

中には現地に行ける方もいらっしゃるかもしれませんが、自分にできる方法で是非みんなで支援しましょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

被災馬支援 4 (現地調査レポート紹介)

2011-05-01 19:40:49 | 被災馬支援
今日も被災地の動物達の動向が気になります。

私が見ているサイトの中で、相馬に実際行かれた方のレポートがありますので紹介します。

Do!議会でGO!

http://www.fujisawasumio.jp/

北海道議会議員の藤沢すみおさんのサイトです。

今日の記事の福島県南相馬市被災馬調査レポートをご覧ください。

現地に行ってこそわかる事が多々あると思います。
とはいえ誰もが行けるわけではないので、こちらの現地レポートを紹介させていただきます。


また、引退馬協会の被災馬支援基金へ募金して下さった方々、本当にありがとうございます。
サイトを見ると、皆様のご厚意により募金額が増えています。
長期的な支援が必要だと思われますので、支援できる方は引き続きよろしくお願いいたします。

被災馬INFO

http://rha.or.jp/hisaiba-info
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被災馬支援 3

2011-04-25 06:37:45 | 被災馬支援
福島原発の20キロ圏内の家畜を殺処分するそうです
所有者の承諾を得て、という事ではあるようですが…。

ル~もお世話になった引退馬協会でも救済活動を続けています。

支援できる方、どうか引き続きよろしくお願いいたします。

被災馬INFO

http://rha.or.jp/hisaiba-info/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

被災馬支援 2

2011-04-10 23:36:27 | 被災馬支援
先日、日高町が100頭分の馬房を確保し、被災馬を受け入れるとのニュースを知りました。

南相馬市は登録されている馬だけで370頭あまりいるとか…。

そのうち何頭が生き残り、避難(疎開)、救助の必要に迫られているのかわかりませんが、もちろん相馬以外の地区でも被災した馬はたくさんいるわけですし。

飼い主がわからない馬の引き取りも必要なようですし、飼い主がわかっていても被災されていて預託料を払える状態ではないでしょうから、支援のお願いは続いています。


検索して、いろんなブログなどを見ると、津波で生き残っても「さっきまで生きてたけど力尽きてしまった」という衰弱した状態だったりするようです。

飼料にも馬の移動にもお金がかかります。

日高町のような大口じゃなくても、個人で1頭、2頭、引き取ってらっしゃる牧場もあります。

私もできるならそうしたいけど、ル~1頭でもル~ファンの方から支援をいただいてなんとかやってる状態です。

誠に勝手ながら支援をできる方にお願いしたいと思います。

いくつかの馬関係の団体が動いているようですが、引き続き被災馬INFOを紹介したいと思います。

http://rha.or.jp/hisaiba-info/

被災馬支援基金にご協力よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加