ぷるコミチ

だって。
同じ景色が見たいんだ。

重々承知

2017-07-23 16:51:57 | 日常

映画『紙の月』のラスト近く、「渡るの?渡らなの?」と問われた主人公が振り返った顔が、きっと今の私の顔なのだと思う。
あんなふうに、誰かに声をかけてもらいたい。
いや。
あんな顔を、私は誰にも見せたくない。
ましてや、私が助けてほしいと思う相手には。


逡巡して矛盾する。
こうして文字にして、どうにか耐える。

「家、燃やしてぇなぁ」とぼんやり考えながら、「この局面、絶対に乗りきってやる」とかき消すように誓っている。

























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我々は元魔女である | トップ | 嫌いなのよね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常」カテゴリの最新記事