牡丹に蝶のブログ

政治・経営・宗教的な話に興味があります。過去から現在までの出来事とかを綴ってみたいなと思います。

与党は 愚者しかなれないのだろうか?

2017-05-19 21:26:35 | 政治

共謀罪が衆院委員会で「強行採決」の暴挙! 安倍首相は加計学園問題の追及恐れ“逃亡”の無責任|LITERA/リテラ

─────────────────

一体 誰のための共謀罪なのか?

肝心の与党が
説明できないのは事実

なのに
審議は尽くしたという
お決まりのセリフ

これを
イカサマというのではなかろうか?

与党が説明できない法案を
何故 国会に出すのか?
理解不能…

一体 与党は
誰のための政治家なのか?
どこの国の政治家なのか?
と思えてならない…

はっきり言えば
自公維の政治家はレベルが低い

逆に
民進 自由 社民 共産の政治家の方が
何十倍もレベルが高いことは
紛れもない事実…

個人的には
国民のことなど
何も考えてはいないだけではなく
国民のための政治をする気のない
自民党 公明党 維新の会は
最早 不必要な政党だと思うことも
また 事実…

国会は 井戸端会議や
座談会の場所ではない…

国民不在の政治家達は
井戸端会議や座談会間隔で
政治をしているとしか
思えてならない…

だから…
若者は 選挙に行っても
何も変わらないと諦めてる…

若者に
そのような思いをさせる
政権に問題があるってことすら
解らない愚者の与党…

与党は
馬鹿しかなれないのだろうか?

馬鹿の極みとでも言うべきか?

国民のための政治ができない与党に
給料は必要だろうか?

国民の税金から給料を
貰うことはできない以上

それこそ
無償で働くべきだろう…


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若者の過酷な現状を 解っては... | トップ | なるほど… »
最近の画像もっと見る

あわせて読む