牡丹に蝶のブログ

政治・経営・宗教的な話に興味があります。過去から現在までの出来事とかを綴ってみたいなと思います。

   平和を保障して…

2017-04-25 19:16:00 | 政治

もし北ミサイルが着弾したら…身を守る方法は まず堅牢な建物や地下街へ 化学剤ならこうだ - 産経ニュース

─────────────────

> 国民保護法の成立・施行(2004年) を受け、 内閣官房がO5年にまとめた「武力攻撃やテロなとから身を守るために」という資料にはもミサイル攻撃の際の注意点がまとめられている。

>そこでは、攻撃当初は屋内に避難し、 その後は行政機関の指示に従って適切に避難するよう薦めている。具体的な避難場所としては「堅牢(けんろう)な建物」や「地下街」が挙げられている。


ミサイルなのに
堅牢な建物や地下街て何?

どこに落下するかも
解らないというのに
不安を煽るだけ…

ミサイル云々いう以前に

日本には
核シェルターすらないのでは?

昔 防空壕
今 核シェルター

核シェルターのような
頑丈な建物でなければ…

ミサイルですよ
本当に解ってるのですか?
と突っ込みたくもなります

安倍支持者からして
どこまで馬鹿なんだろうと
本当に そう思います

安倍晋三さんは
国民の命を守れない…

見殺しにされるだけだと
個人的には
本当にそう感じます…

ミサイル云々いう以前に

平和的外交ができるよう
努力してほしいものです

安に不安を煽るのではなく
平和を保障できる外交をするよう
努力をしてほしいものです



『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これだけの税金を投入する税... | トップ | 安倍自公政権が 沖縄の美しい... »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事