牡丹に蝶のブログ

政治・経営・宗教的な話に興味があります。過去から現在までの出来事とかを綴ってみたいなと思います。

文科省が 国の機関としてなすべきこと…

2017-04-29 18:43:50 | 政治

大学教育無償化という欺瞞(島澤諭) - 個人 - Yahoo!ニュース

─────────────────

もともと
大学の授業料無償化の案は
維新の政策のはず…

授業料無償化にあたって

消費税増税や
教育国債の発行や
子ども保険の導入など
検討されているようですが

どれも 必要ないような気がします

授業料無償化にしたいのであれば
なぜ 育英会を廃止にしたのですか?

育英会さえあれば
このような問題は 
起きなかったことでは
ないでしょうか?

育英会を廃止にしておきながら
何にもできないままとは
身勝手にもほどがあります

育英会を復活させるか
特別会計から
授業料無償化に予算を充てるか
どちらかの選択になるのでは
ないでしょうか?

教育を受ける権利や
学問を学ぶにあたって
学問の自由が
保障されているというのに
経済的理由で
教育の機会を奪われてしまう
子供達がいる現状に 
憤りを感じます

裕福な家庭の子が
授業料を支払うことは当然のこと…

貧困と言われている
家庭の子供達にこそ
授業料を無償化にすべきです

その予算は
特別会計から充てるべきなのです

卒業して社会貢献することを条件に
経済的理由で授業料を支払えない
家庭の子供達を特別会計の予算で
授業料の無償化を
保障すべきだと思います

裕福な家庭の子供達は
授業料が支払えるのですから
裕福な家庭の子供達までも
授業料を無償化する必要はありません

貧困層と
言われている家庭の子供達にこそ
文科省は 国の機関として
授業料無償化という形で
社会保障をすべきだと思います
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忌まわしい過去の歴史を 繰り... | トップ | 今 国連の加盟国がなすべきこ... »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事