牡丹に蝶のブログ

政治・経営・宗教的な話に興味があります。過去から現在までの出来事とかを綴ってみたいなと思います。

PTSDに陥る…の心のケアが 本当に 必要です

2017-06-19 15:21:56 | 政治
南スーダンPKO派遣の自衛隊員が自殺 防衛省「職務との関連性はない」(BuzzFeed Japan)- Yahoo!ニュース

_________________

反政府軍側に
宿営地があった
PKO派遣部隊…

反政府軍側に宿営地があったから
尚更 PTSD に悩まされる事は
当然だと言えるかもしれません

インフラ整備をしながら
銃声の音とかを
聞いていたでしょう

夜は宿営地で
銃声の音とかを
聞いていたことでしょう

昼間よりも夜間に聞く
銃声音の方が 記憶に残ることでしょう

派遣されていた期間中
恐いと言えなかった隊員達…

帰国後も記憶に残っている状況さえ
話せないままの隊員達

どんなにか
恐かったことでしょう

現地は 戦闘状態だったのですから
恐くなかったと言えば
嘘になります

恐かった
それが 本音なのです

だから…
隊員達が受けた恐怖は
計り知れないことでしょう…

想像を絶する
恐怖心なのかもしれません

その恐怖心を取り除かない限り
恐怖心に耐えれず
自殺してしまう隊員が
出てしまう可能性があります

大事なのは
隊員達の心のケアを
どのように行うか?です

守秘義務で話せない分
現現状では
恐怖心を取り除くことは
不可能なことです  

外部には 絶対に 漏れないような
セキュリティ体制を取り
派遣された隊員達の記憶に残る
恐怖心を取り除くことが
大事だと思います…

現場にいた
隊員達にしか
その恐怖は
解らないことなのですから

万全なセキュリティ体制を取り
隊員達の恐怖心を取り除くべきだと
本当にそう思います…

テレビニュースは
勿論のこと
新聞各社は PTSDに陥る隊員達の
心の苦悩を世論に伝えるべきです!

PKO派遣は
本当に必要なのか
国民的な議論に
すべきではないでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍1強という プロパガンダ... | トップ | タカ派に国政は無理だという... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む