プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

笠崎壮夫

2017-05-14 10:47:27 | 日記
1965年

三十八年暮、ノンプロ八幡製鉄のエースとして鳴り物いりで入団した。三十八年暮の秋季練習では、シート・バッティングでピッチャーを努め、一軍選手を牛耳った。そのときにこういったものだ。「プロの打者は低目にさえ投げていれば絶対に打たれない。こわがることは全然ないね」この度胸に着目したのが、別所ヘッド・コーチ。「笠崎はプロ入り一年目で10勝はかせぐだろう」と語っていた。ところが、春のオープン戦に登板してもコントロールがない上に、球威の冴えがみられず散々のデビュー。「口ほどのピッチャーじゃないな」というのがチーム内の評判になった。その後ファームで内外野を守ったが、いずれも成功しなかった。宮崎二軍監督は「器用な選手だからなんとかものにしたかった」といっているが、しょせんは器用貧乏に過ぎなかった。まだ就職は決まっていない。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戸口天従 | トップ | 田辺修 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。