プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

岡本伊三美

2016-11-05 21:12:29 | 日記
1962年

六回三本目の安打を三塁線に打ち、代走河津と代わってベンチに帰ってきた岡本は最前列のイスにどっかりと腰をおろした。くいつきそうにグラウンドを見つめている表情は試合が終わるまでくずれなかった。四月下旬に二軍コーチからカムバックして以来、二割五分九厘とよく好打をとばしている。「調子?一貫匁(3・75㌔)もやせた。やせたおかげでねんざしていた左足首がなおってしまった。このごろになってやっとプレーをつづけられる自信がわいてきた。きょうの本塁打だって高目のいい球だったから思いきって打ってやった」十四年目の選手とは思えないほど声も表情も若々しい。監督、コーチから現役に復帰したのは藤村(阪神・現評論家)杉下(大毎)についで三人目。「チームが沈みきっていたときにこそわれわれがやらなければならん。そりゃ打てんかったら、どうしようかという心配はあったさ。しかし打ったり走ったりしている間に昔を思い出したね。よーし、ワシがやったら若い選手たちもついてくるだろうとね。ヒットが出なくても一生懸命にやるんだということをみせてやりたかった。おかげで三浦や鈴木(正)山本なんかが出てきてくれた。いまのウチは若いもんもボクらのような古い連中も一本になってやっているだろう。さいはいをだれがふったって同じだ。やるのは選手なんだからな。野村も当ってきたし、どんどん追いかけていくぞ」子供のようにはずんだ声でホームランの球を説明していたが、いつの間にかしんみりした三十一歳のコーチの話しぶりにかわっていた。あと十本で千本安打。しかし「自分の記録のことなんかいっておられない。チームのことでオレの頭はいっぱいだ」選手が引きあげていったベンチのあとかたづけをだまってやりはじめた。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮原務本 | トップ | 安藤治久 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事