プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

戸川一郎

2016-10-15 16:23:12 | 日記
1956年

最後のバッター豊田を遊ゴロにしとめた戸川投手をぐっとにぎって上につき出し勝利のジェスチャアをみせた。そして松井捕手と握手、ついで帽子をとって山本監督に一礼、そのあとはやたらに各選手と握手してまわっていた。六回一死二、三塁。得点は3-3。打者は投手の戸川。だれもがスクイズを考え、河村もそれを予想して二球目、高いウエストを投げた。南海はその裏をかいた。投手ながら昨年三割九分五厘の打率をあげた好打者戸川は、全然バントのゼスチャアなどみせず、1-2後の高目の直球を左前に糸をひく安打して決勝の二点をとったのである。五尺六寸という小柄な体。帽子をアミダにかぶり、五回すぎから繰り出した雨の中をニコリともせず最後まで投げきった。「バットに当てるくらいならやれるだろうと思った。ベンチを出るとき監督さんから打てといわれた。1-2になったのでスクイズかと思ってベンチを見たらやはり打てだった。直球で真ん中からやや内角よりだった。ほんとうはぼくは打つ方が好きなんです。ピッチングではドロップを多く投げた。調子は悪くなかったが、毎日戦でひっそりかえされてから自信そう失気味」とこれはヒーローの弁。脇役の西鉄の河村投手は「カーブは曲がらないし、低目には入らないし、全然悪かった。戸川選手に打たれたけど、あの球ならばぼくでも打てますよ」といってニヒルな笑いを浮かべていた。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹下光郎 | トップ | 黒田勉 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。