プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

松林茂

2016-10-12 22:41:59 | 日記
1973年

ビュフォード、レポーズという太平洋の売り物をこのルーキーはいとも簡単にうちとった。五イニングを投げ、福富に二塁内野安打されただけ。引きあげてくるなり、ネット裏でしぶい顔をしていた太平洋の中村オーナーを横目で見ながら「打たせなくて悪かったでしょうか」とニヤリとした。心臓の強さも相当なものだ。入団発表の席でも「二十五歳のひねたルーキーです。だから将来のメドを一日も早く立てなければならない。バリバリやるしかないでしょう」とケロリとした顔で抱負を述べた。昨年のいまごろは、雪の北海道で柔軟体操に明け暮れていた。ドラフト二位指名。よほど会社に残ろうかと思ったが、両親の「広島なら故郷に近いし(生まれは岩国)帰ってこい」という勧めに従った。いまでは「プロに踏み切ってよかった。働けば金になるし、好きな野球一本で進めるだけでもいい」という。日南キャンプでのシート・バッティング、紅白試合でも衣笠、三村らの主軸打者を手こずらせた。元中日の下手投げ投手、小川健太郎ばりのフォーム。グッと浮き上がる速球、外角に鋭く流れるカーブはキラリと光った。これまで広島の新人でオープン戦の第一戦で先発したのは、この松林が初めて。それだけ首脳陣が期待をかけている証拠だ。一回先頭打者の福富には内角に二球速球をずばり決めた。ビュフォード、レポーズはシュート攻めにし、バットを折らせている。「キャンプでは味方なので投げなかったが得意球はシュート。これからどんどん投げて自分のよさを見てもらう」という松林。別当監督も即戦力とみた。「これで使えるメドがついた。あのシュートは立派に通用するね」あまりほめない長谷川コーチも「実力あるピッチャーだから第一戦に投げさせたんだ。このままいけば面白い存在になる」とその力を認めていた。1㍍76、68㌔、右投右打、岩国工ー大昭和白老。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石井茂雄 | トップ | 江藤正 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。