プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

池田英俊

2016-12-24 18:12:34 | 日記
1966年

最近の池田はヘア・スタイルにこっている。この日の試合もスポーツ刈りにカットした頭をカガミの前でしきりにいじっていた。昔流にいえば七・三、いまのアイビー・スタイルだ。「ぼくもそろそろ三十だからね。格好だけでも若々しくなければ・・・」マウンドでも若々しかった。めずらしく力で押した。「追い風だったのでストレート中心でいった。いつもは追い風だとスピードがないのだが、きょうは自分でも速いと感じだ。だからカーブをやめてスピードボールでぐいぐい攻めたんだ」どっと押し寄せた報道陣の輪の中で池田は無表情につづけた。「でも内容はよくなかった。どうでもいいと思いっきり投げてみた。ストレートを投げれば打たれるような気がしなかった」針の穴を通すようなコントロールが身上の池田だが、この日はよほどスピードに自信があったのだろう。「投げるとき腰が開くし、手首がしっくりしなかった。それにこの寒さ(七時現在16・8度)でしょう。備前さん(コーチ)に、きょうはダメですよといってマウンドに向かった」そんなコンディションで4勝目。今季三度目の完封勝ちのおまけまでつけ、ハーラーダービーのトップに立った。昨年の完封勝ちは三度だから、もうそれにも追いついたわけだ。大洋にはこれで今季二試合連続完封勝ち。昨シーズンも13勝のうち6勝は大洋からかせいでいる。「大洋に強いって?別にどうってことはない。だがきょうはこの前の中日戦(二十七日)でうまくリリーフできたので気分的にはスカッとしていたがね。それよりみんながよく打ってくれた。打った人をほめておいてくださいよ」フロからあがると池田はまたカガミの前に立ち、帽子でクシャクシャになった頭をチックできれいにかためていた。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杉山知隆 | トップ | 林俊彦 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。