プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

島田光二

2016-10-08 15:06:45 | 日記
1957年

この夜は試合が始まる前から小雨。関係者はほとんど中止するつもりでいたがただひとり毎日別当監督の主張で試合が強行されたという。南海に首位を追われる毎日は最下位近鉄を相手にここが稼ぎどころと考えたのにちがいない。ところが結果は逆だった。近鉄が九回には最大大量5点をとり「もうかんにんしてヤロか」というヤジが出るほど、この夜まで四連敗の近鉄ベンチが大いばり。なかでも毎日のエース荒巻をノック・アウトした島田の活躍はすばらしかった。島田光二内野手(21)は五尺七寸五分、十九貫のプロ三年生。右投右打でメガネをかけている。三回は三塁線安打して一塁の鈴木を三塁へ進め同点のきっかけを作り、五回には左翼席へ勝越しの1号本塁打を打込んだ。そして九回にも三遊間へタイムリー安打しダメ押し点の口火を切っている。「雨でメガネが曇って困った」といいながらもニコニコする。「ホームランは内角低目の直球のようでした。まぐれですよ」東京のファンにはなじみがうすいが、三十年夏の甲子園大会で全国優勝し有名になった四日市高の出身。慶大の巽投手と同級生。卒業したつぎの年に彼の母校は高橋投手(現巨人)で全国優勝した。高校では遊撃を守り三番打者。卒業の年にテストで近鉄入り。いまは静養している芥田監督の仕込みで三塁、二塁、遊撃のどこでもやれる。目は右も左もともに0・6の軽い近視だから、普段はメガネをかけない。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種田弘 | トップ | 宮本敏雄 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。