プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

宮田征典

2017-07-12 20:46:54 | 日記
1965年

「ミヤタ、しんどい。ノー・スピード」三回、トップの広瀬を中飛に打ちとった宮田のピッチングを見たスペンサーが、審判室にもぐりこんでいた顔見知りの記者にかたことの日本語をならべた。読めはしないのだが、日本語のスポーツ新聞までスクラップしているほど研究熱心なスペンサーは宮田のすべてを知っていた。それだけに、余計宮田の不調がピンときたようだ。大本塁打ー宮田は「0-2になったので、内角にシュートを投げてつまらせ、そのあと外角で勝負しようと思ったんだ。計算通りつまったんだが、もっていかれてしまった」と、いった。この試合では、宮田は四回から登板することになっていた。そして先発村山が打たれた場合のリリーフは、城之内の予定だった。だが、イザとなると、藤本監督も、いつも手痛い目にあわされている宮田にたよる気になったのだ。そのため、宮田はわずか15球ほどブルペンで投げただけで、登板しなければならなかった。このへんが、混成チームの悲劇ともいえるだろう。それに宮田は、十八日の対中日戦で3イニングをノー・ヒットにおさえている。それやこれやで、宮田のタマは、いつもより20㌢も高かったー。いつも火の手をあげる城之内が、宮田の火消し役を果たして、公式戦の恩返しができたのも、せんじつめれば、藤本監督のお呼びがないばかりに、十分な肩ならしができたからというのは皮肉である。女房役の森捕手は、しかたがないという表情で「宮田は全然ゼロやったな。タマが死んでいたし、落ちるタマが落ちんかった。高木の本塁打、堀込のヒットは、二本とも落ちよらんで打たれた。連投のうえに、アップ不足だもんな」といっていたが、そのころ、藤本監督も「宮田には気の毒なことをした」と、ホゾをかんでいたのである。宮田が打たれて、オールスター・ゲーム第一戦のユメは消えた。だが、宮田が、このままで引きさがるわけがないことは、打ったスペンサーがよく知っていた。「ミヤタは、もしあす投げれば、いいピッチングをするだろう」その宮田は、ロッカーに引きあげると、小守トレーナーの入念なマッサージをうけたあと、こんな冗談をとばしながら帰っていった。「いつもの時間に、きょうは帰るよ」時計の針は八時半をさしていた。普通なら、宮田が拍手をあびながら登板する時間だ。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮本洋二郎 | トップ | 鬼頭洋 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。