プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

石田芳雄

2017-08-05 21:02:35 | 日記
1972年

阪急は二十五日、上武一高の石田芳雄投手(18)=1㍍77㌢、72㌔右投げ右打ち=の入団を発表した。石田投手は十一月二十一日開かれたプロ野球

新人選択会議で阪急からドラフト三位の指名を受け、これまで球団側と再三にわたって入団交渉を続けていた。石田投手は本県高校球界の代表的選手で一年生の時からレギュラーメンバーとしてマウンドを踏んでいた。今度の入団交渉では進学を希望する家族がプロ入りを絶対反対し、入団が危ぶまれていたが、「プロ入りは小さい時からの夢だった・・・」と語る石田投手の熱意に押し切られ入団の運びになったという。

石田投手本人は今度の入団に際し「パリーグ優勝の阪急にはいれてこんなうれしいことはない。プロのことは何もわからないが、入団したからにはとことんまでやりつくし、本業をまっとうしたい」と意欲を語っている。家族の話では「最初は猛反対をした。しかし、本人の意思が堅くこっちが押し切られた形となった・・・」と話していた。一方、プロ野球選手の誕生をみた上武一高では「こんな喜ばしいことはない。これから石田君にとってきびしい試練が待っているだろうが、立派な選手に成長するよう頑張って欲しい・・・」と励ましの言葉をおくっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オースチン、アマーン | トップ | 石田芳雄 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事