プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

迫田七郎

2017-03-07 21:13:04 | 日記
1964年

「迫田ってどんなピッチャーかい?」なに、ひねくれダマだって? それで速いんかネ、おそいんかネ」メンバー表を見ながら、別所コーチがケゲンな顔をした。迫田は昨年鹿児島・照国高からはいったテスト生。イースタンでは金田二世の半沢(9勝4敗)を上回る12勝4敗の勝ち星をあげ、ナチュラルに沈むタマを武器に「ひねくれダマの迫田」の異名でその変化球には定評があった。来シーズン期待の一番手として、東京が、オープン第一戦に起用したのもうなずけよう。「フォームがだいぶラクになりましたから・・・。腰の振りを小さくしてステップを開きぎみに直したんですが、それがよかったようです。シーズン中よりずっと投げやすくなりました」とニキビづらをほころばす。今シーズンは公式戦には12試合に登板したが、いずれもリリーフばかりで0勝1敗の星。「自分としてはやっぱり先発のほうがずっと好きです。きょうの先発は二、三日前からいわれてたんで乗り切ってきました」とケロリとした顔。イースタン時代はマウンド上でニヤニヤしたり、バッターをなめたような態度をみせるため「なまいきな野郎だ」といわれていたが、もともと図太い性格らしい。ことしは八月十日すぎに過労で一週間ほど休んだのがたたって、公式戦は八月五日の西鉄戦を最後にファームにおりたり、一軍ベンチをあたためるなど不本意なシーズンだっただけに「二年目の来年こそは・・・」のファイトを人一倍持っているようだ。桑田や近藤和はどうだったと聞くと「へへへ・・・」と逃げ出した。1㍍75、70㌔、十九歳、右投げ右打ち。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅原紀元 | トップ | 巽一 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。