プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

林俊彦

2016-09-19 13:43:16 | 日記
1965年

左手人さし指と中指のツメが割れたのは八月のなかばだった。バンソウコウをはりつけておく以外なんの治療法もないツメのヒビ。八月十五日西鉄を完封してから三度先発したが、一度も勝てず、チームもずるずると黒星をつけた。「思い切ったピッチングができなかったんです。痛い、痛いと思っていては、変化球を投げてもさっぱり切れず、むしろ打者の打ちごろの球ばかりになってしまった」開幕以来無傷の12連勝。杉浦に代わる南海の若いエースとハデに騒がれるとともに、どんどんふえていく勝ち星に、林の欲は5勝から10勝、そして15勝へと風船玉のように大きくふくらんでいった。そんな夢にチクリと針を突き刺したような事故だった。「林さん、どうしたんですか。前のようにもっともっと勝ってください」圧倒的に多い女学生ファンからの手紙も、こんな内容のものばかり。この日も第一試合げ先発予定だったが「ツメがまだよくなっていないから」ということで、第二試合にまわされた。「トシ、思いきっていけ。痛くなったらいつでも代えてやる」鶴岡監督のハッパを背にマウンドへあがった。結果は三安打の完封勝利。「りきまなかったのがよかったのでしょう。ぼくのピッチングにツメをかばう気持が働いていたのも完封できた原因だと思います。自分一人でうちとるというより、ただ慎重にコーナーをつくことだけを考えました。七分くらいの力だったので疲れもせず、こんな楽な試合はなかったみたいです」中原ピッチング・コーチはニコニコ顔で二重丸をつけた。「力だけで押えていきたいままでの勝ち星と違って、コントロール一本だけといってもいいきょうのピッチングを見て、トシもずいぶん成長したなと思ったよ。うれしかった」二試合でわずかに八本のヒットしか打てなかった南海打線。十八日大阪で西鉄を迎えうつ鶴岡監督にとっては、林の好投がうれしいおみやげになった。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小野正一 | トップ | 石川陽造 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。