プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

石井茂雄

2016-10-12 22:29:41 | 日記
石井茂雄投手

1978年
・昭和33年、岡山県の郡部にある県立勝山高から阪急ブレーブスに入団。西鉄ライオンズ全盛時代に、当時は灰色カラ―といわれた阪急で下積みの苦労をした。3年目に2勝2敗と初めて勝ち星を残したが、その後も1勝1敗、4勝9敗と停滞ぎみのシーズンを送り、大きく開花したのは、ようやく6年目に入ってからだ。38年、西本監督を迎えた阪急で17勝の高成長ぶりを見せ、一躍、米田、梶本と並ぶエーストリオの一角を占めたのであった。翌39年には28勝をあげ、2位躍進の原動力となった。40年も21勝と、2年連続20勝台に乗せたが、この年チームはBクラスに転落し4位。シゲやんのエース時代も、ここで終わりを告げることになった。41年には10勝へと一気に後退した。負け数が13だから彼にとっては4シーズンぶりの負け越しだった。チームは42年から3年連続で優勝し、1年おいた46年からまた2年連続優勝を飾り、いわゆる阪急の第一期黄金時代をうたいあげるのだが、シゲやんの右腕はすでに疲れ切っていたのである。45年の16勝で、やや立ち直りを見せかけたが、あとは7勝、5勝と二けた勝利から遠ざかってしまう。転落のコースといってもいいだろう。エースから中堅級への後退だから、それはその通りなのだが、どっこいシゲやん、このあとの生きざまが他のエース体験者たちとは全く違っていたのだ。ほとんどの元エースたちが、低迷期の入口で肩やヒジを痛め精神的にも滅入り込んで、寂しくユニフォームに別れを告げることになっている。しかし、シゲやんこと石井茂雄投手の場合は一味違った。自らのピッチングが、もはや通用しなくなったことを悟った時に彼はためらいもなく「力」を捨て「技」を選んだのだ。47年に5勝したところで彼は住み慣れた阪急を元・エースにはふさわしくない金銭トレードで追われる。「ちょっとしたこと、例えばカッときてマウンドにグラブを投げつけてみたり、ベンチの中でふて腐れてみたりといったことが、監督やコーチに嫌われる原因になったようだ」とは阪急の某重役。とにかくシゲやんは48年に西鉄を買収してスタートを切った太平洋クラブ・ライオンズに「友情トレード」されている。阪急の15年間に投手としての精力を使い果たし、もはや10勝以上の勝ち星は残せないだろうと見られていた彼が、何と移籍した48年には、ノンプロに毛が生えた程度と酷評された打線をバックに12勝をマークする健闘をやってのけた。その後は登板数も年々減り、勝ち星も8,9、5,5,5勝と1ケタ台にとどまっているが、今シーズンは前期に東尾、山下らのお株を奪って7完投、3完封、無四球試合4と大いに健在ぶりを見せつけたものだ。180センチ、77キロの均整のとれた長身はプロ入り以来ほとんど増減なしで、ゼイ肉なしの理想的な投手体格をいまだに保っている。サイドハンドからのシンカー気味に落ちるシュートを決め球に、フワリと曲がり落ちるカーブと高めに伸びて横にすべるスライダーを混ぜ、これにスピードの変化をミックスするから、投球はイヤでも多彩になるわけだ。これで打者のタイミングを狂わせ読みの裏をかくのだから焦った相手打者は、まんまと彼の術中にはまり込んでしまう。勝ち星の割にシャットアウトが多いのも、そんなピッチングの特性を証明してるといえるだろう。タイトルは阪急時代に一度だけ勝率第1位投手になっただけで、むろんエースの立場もとっくに卒業してしまったのだが、いまだに一線級の実力を持ち続けている。元・阪神ー毎日で活躍した故・若林忠志投手が引退した42歳までは現役続行を目指し、「中4日の休養なら十分。一週間もあけないかんようになったら、その時は引退や」ともいい続けてきた男が、自らギブアップする前に球団から戦力外通告を受けてしまった。「本当にいいにくいのだが、来季の戦力構想にキミは入っていない」と気の毒そうに切り出す坂井代表に石井は静かにうなづいた。そしてひと言だけいった。「記録に区切りをつけてからやめたいので、拾ってくれるところを探してもらえないでしょうか」記録・700試合登板→あと10試合、
200勝→あと13勝。これが21年目のシーズンを終えたシゲやんの、たった一つの「注文」であった。なお、石井の退団が決まった11月25日、高垣、松岡、中島啓、吉田隆、吉野、米沢、丸川、ハンセン、川島の9選手もヒッソリと「最後通告」を受けた。中堅級を容赦なく放出して田淵、野村、古沢らのベテランを入団させ、他方では若返りと称してベテランを切る。人気と実力との奇妙な組み合わせを図る「新生・西武ライオンズ」の強烈なアラシの前には、さしもの長距離ピッチャーも無力であった。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駒田桂二 | トップ | 松林茂 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。