プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

高橋重行

2016-09-19 21:43:10 | 日記
1965年

プロ入り初勝利をあげたのは昨年の四月二日、広島が相手だった。そのときは6-0の完封勝利。それ以後広島にはふしぎに相性がよく、昨シーズンは5勝3敗。いつも別所ヘッド・コーチからこんなことをいわれた。「シゲ、一日一回は必ず肉を食べるようにしろよ。スタミナをつけるにはこれが一番ええ方法なんだ。それに、まだまだ大きくならにゃあかんぞ」町へ出ればいつも焼き肉屋のお世話になっている。だが肉は肉でもトリ肉だけは全然ダメ。「あれはみただけでたべたものが逆流してしまいそうになるんです」ウシかブタかクジラが好きだ。別所ヘッド・コーチはなんとか高橋を次期エースに仕立て上げようと技術面以外でもアドバイスを与え、気をつかったわけだ。報道陣にかこまれて「三振はいくつだったですか、四球は?」と逆に質問。ひと通り自分の成績をきいてから話しはじめた。「後半の方がコントロールがよかった。最初はちょっとおかしかった。投げ込むうちにボールにのびも出てきたでしょう。広島は変化球とスピードボールをうまくミックスさせるバッキーに弱いですね。だからバッキーに比較的似ているぼくにも弱いんでしょう」つぎからつぎへと強気な言葉が出てくる。別所ヘッド・コーチの前でも「広島、国鉄なら連投もOKです」といったそうだ。これほどまでの自信はどこにあるのか?「プロ入り初勝利が広島相手だったということが、ぼくにとっては強い自信になっているんです」と自分で説明した。「不思議です。広島にはセ・リーグで一番きらいな横溝さんなんかいるんですがね。横溝さんには昨年も痛打をしょっちゅう浴びました。それでいて広島には負けない」この日はいつもより慎重だったという。「むこうの投手が池田さんだったでしょう。昨年も池田さんと投げ合ったときはよく負けました。昨年広島に3敗しましたが、そのうち二つが池田さんと投げ合ったときです」それだけにこの日の勝利はうれしかったらしい。報道陣への言葉をマウンド上で考えていたかのように、切れ目なくどんどん出てきた。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久保征弘 | トップ | 富永格郎 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。