プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

松田守、芦刈達雄

2016-10-15 10:39:07 | 日記
1960年

東映では、このほど松田守投手(18)=鹿児島県照国高、1㍍78、70㌔、左投左打、芦刈達雄捕手(17)=大分県佐伯鴻城高、1㍍78、70㌔、右投右打=獲得に成功した。松田投手は夏の県予選で一回戦川内商工に5-4で勝ち、二回戦加治木高に9-2で敗れた。左腕から投げ下ろす重い速球、特に内角にくいこむカーブに威力がある。制球力にやや欠けるが、球威の点では南九州随一といわれ、西鉄、国鉄もねらっていた。芦刈捕手は三番を打つチームの主力打者で、県予選では準々決勝で日田高に1-0で惜敗したが、三試合で九打数三安打(うち二塁打1)を記録している。投手のリードのうまいことと長打力を買われた。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江藤正 | トップ | 栗野芳治 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。