プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

木原義隆

2017-03-20 17:09:31 | 日記
1974年

広島投手陣のなかでは最年長、三十二歳の木原が、ことしは巨人のように燃えている。四月二十四日の大洋戦で、チーム初のセーブポイントを獲得した。二十七日の阪神戦ではテーラー、中村の一発を貰って失敗したが、救援の切り札として貴重な存在である。制定されたばかりのカムバック賞にも希望のふくらむ木原だが、再起の原因はいったいどこにあるのだろうか。二十四日の大洋戦は、ことしの木原を象徴していた。1点差に追いつめられた大洋の一死二塁。ここで木原が出た。相手はリーグでも最強のクリーンアップ。が、木原はシピンに四球を与えただけで楽に逃げた。以後は6安打だけ。先発金城に今季初の勝ち星をプレゼントした。昨年は肩を痛めたこともあって、連日バッティング投手をやらされた。そのなかで球威の衰えを知った木原は、力から技への転換を図った。ことしのオープン戦8イニングで防御率1・13も大きな自信となった。しかし現在の木原が形づくっているのは精神面だ。昨年、広島の監督に迎えられた別当薫氏(現評論家)と木原はどうも合わなかった。皮肉なことに近鉄、大洋、広島と木原がチームを代わるごとに別当さんが後からやってきた。同時に木原の出番は失われていった。昨年は大洋3回戦で2イニング投げただけ、最後まで別当さんの口から「木原」の名前は出なかった。別当さんの好みは力で押す本格派である。木原は対照的なタイプ。しかも肩を痛めていた。木原は人一倍意気に感じる男だ。少々方が痛くとも信頼されているとなれば望んで連投もやる。それだけに戦力外に置かれたときの苦しみは並みでなかった。「てっきりクビだと思っていた。そうなったらテストを受けてもセ・リーグのチームに入り、意地でも広島に恩返ししてやろうと思っていた」そうである。もとより、ことしも広島の監督さんを別当さんと見てのうえだった。クビがつながったばかりか、キャンプのさなか森永監督から「きみのようなベテランがうちには必要だ」と聞かされていた。木原の血が燃えた。「ことしはランニング一つにしても、力の入れ方が違うんですよ。ぼくっていうのはそういう男です」と木原は言った。対大洋戦でセーブを得たときの木原は素直に喜んだ。そこに一年間の苦悩が感じられた。「最も大事な場面で起用してもらった。その喜びは口で言い表せない。だって投手にとって一番やりがいのある仕事だもの」救援は地味でしかも責任は重い。木原はその仕事をあえて望んでいる。首脳陣が「貴重」という意味はここにあるのだ。「肉体的にはまだ二十四、五歳。脂肪のない体で、どちらかといえば衣笠の体質ですね」とは福永トレーナー。「試合に出してもらえるだけでうれしいんだ。それなのに救援の切り札として扱ってくれるんだから・・・」と木原の言葉には辛酸をなめ尽くし、損得を超越した男の味が感じられる。勝ち星への執念はすでにない。「ただ自分の持ち味を出すピッチング。チームへの貢献を心掛けているだけ」目下5試合、11イニング1/2で自責点は2・08の好成績。体調に狂いさえなければカムバック賞も望める。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阿部良男 | トップ | 田尻茂敏 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。