プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

KHライト

2017-07-17 10:25:01 | 日記
1974年

ファームの人気者K・ライト投手がついに退団することになった。山下取締役に「プロ野球生活を続けていく自信がなくなった」と退団を申し入れたのは昨年暮れ。寝耳に水の球団側は「そういうことはいわずに考え直せ、君には将来がある」と説得を続けていたが、翻位させることができなかった。ライトはオーストラリア人を父親に持つ異色投手として四十六年秋のドラフト会議で阪急に指名され入団。長身で体力的に恵まれていることから球団側はじっくり育てて、投手陣のスター選手への躍進と期待していた。しかし、ファームの試合にすら登板のチャンスが回ってこないなどライトにとってはプロのカベは厚かったようで「このまま阪急にいても伸びることはない」と将来を悲観、ユニホームを脱ぐ決意を堅めたらしい。テレビのコマーシャルにもチームでただ一人出演するなどタレント性十分のライトも、わずか二年で球界から消える。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鬼頭洋 | トップ | 畠中良雄 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。