プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

オースチン、アマーン

2017-07-29 17:30:50 | 日記

1974年

阪急のオースチン、アマーン両投手の評価は上がったり、下がったり。初めは「いける」。その後は、肩や腰の故障もあるが、初めて投げた打撃練習(二十二日)での声は「もう一つ」。オースチンは左投げ。193㌢の長身から角度のある投手をし、右打者のひざ元へ食い込むスライダーが武器。アマーンは右投げ。球威はないが、変化球にいいものを持っている。現在はともに六分程度の仕上がり。「日本でも投球のパターンは同じ」(オースチン)「いままでは先発がほとんどだったが、リリーフでもやれる」(アマーン)と張り切る二人だが、正直いって、戦力になるかどうかのメドは立っていない。梶本コーチも「まず、体をつくること。そしてオープン戦でどしどし使い、早く日本の野球に慣れさせたい。すべてはそれからだ」という。かつて阪神へ来て腕を上げたバッキーのように、上田監督が望む梶本の抜けた後の貴重な左腕(オースチン)、中継ぎとリリーフ(アマーン)に二人が育つかどうか・・・。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オースチン・アマーン | トップ | 石田芳雄 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。