プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

栗野芳治

2016-10-15 10:40:24 | 日記
1960年

大型外野手として定評のあった松阪商栗野芳治外野手(18)=1㍍76、64㌔、右投右打=は十三日実兄とともに大阪市内の万寿美旅館に大毎西本監督、青木スカウトをたずね、大毎入りを決意したもようである。栗野選手は先に南海入りの決定した吉田投手とともに松阪商の中心選手。今春の選抜大会では三番打者として八打数五安打の高打率をあげて活躍した。大毎をはじめ中日、南海、近鉄、阪急の各チームが同選手をめぐってせり合っていた。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松田守、芦刈達雄 | トップ | 田中和男 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。