プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

石原碩夫

2017-05-03 19:33:09 | 日記
1962年

水原監督の石原起用が見事に成功した。六回橋詰と交代したあとベンチで試合をみていた石原はさすがにプロ入り初の1勝がうれしいのか、僚友の握手ぜめにただニコニコするばかり。「投げろといわれたのは、きょう球場へきてからです。いまうちの投手はみんな疲れているようです。そろそろ声がかかるんじゃないかと、気持ちの準備はできていたのであわてませんでした。野村と小池にぶつけたのはみんな直球のスッポぬけです。悪いことをしました。しかし、ボールはのびていたと思う。だから押えられたんですよ」石原は初勝利の感想をスラスラと語る。水原監督に石原を起用した理由を聞いた。「どのチームも投手は疲労しているんだ。うちも同じことで、すこしでもローテーションを楽にするために出したのだ。それに石原は、六月六日の南海戦でハドリにホームランされて急にくずれたが、それまではいいピッチングをしていたので、そこを買ったのだ。南海がアンダースローの投手に弱いことも計算ずみだよ。打つ方では張本の一発がきいたね」石原は好投、代打を出せばヒット、打つ手打つ手がみんな当ったあとだけに水原監督は上きげんだった。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清俊彦 | トップ | 石原碩夫 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。