プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

鈴木皖武

2016-12-20 22:13:18 | 日記
1966年

秋山(大洋)小川(中日)杉浦、皆川(南海)坂井(東京)足立(阪急)と、代表的な下手投げ投手をあげると、一つの共通点がある。神経質で胃腸が悪そうでほっそりとやせていることだ。鈴木もこの例にもれない。二十五歳。1㍍71、61㌔。猛暑の八月になって五連投、七連投で、すでに十二試合に登板したスタミナがどこにあるのかと首をかしげたくなる。青白い顔にマーロン・ブランドを思わせるニヒルなまなざしは、およそ野球選手らしくない。だが裸になるとやはり違った。右肩の筋肉がこんもりと盛り上がり、左肩と奇妙なアンバランスをなしている。「体力はないがキヨ(鈴木)のからだのバネは抜群だ。だからあれだけの酷使に耐えられるんだ」と岡本捕手。「酷使なんてとんでもない」と鈴木は笑った。「いまでは登板しないで家へ帰るとなにか忘れものをしたみたいで気分が悪い。さすがに七連投目の日曜日の巨人戦(二十一日、神宮)で、延長十一回に負けて帰った夜はメシがくえず吐いてしまった。そのうえねむれないで弱った。ぼくはもともと夏場には弱かったんだが、ことしは自分でもビックリするくらいタフになった」タフになった理由は飯田監督が説明してくれた。「キヨは去年までコーチの目を盗むようにコソコソと練習をさぼっていたことが多かった。ことしは自分から進んで走っているよ」千代子夫人との間に三月長女直子ちゃんが生まれたことが励みになったのだろうか。それをきくと鈴木は笑った。「ことしはたしかにキャンプからずっと走った。よく運動の基本はランニングにあるというでしょう。だからランニングというのがどれほど効果があるものか一つためしてやろうと思ってやってみた。効果がなかったら来年はやめようかと思ったが、やっぱり効果はありました」土居高三年のとき、グラウンドに土を運ぶ作業中土砂くずれで左骨盤を骨折、約束されていたノンプロ伊予銀行入りがダメになった。「それなら一つプロでやってやろう」とオリオンズのテストを受け、最後の二人まで残ったが落とされた。当時監督だった別当薫氏は「まったくおしいことをした」といまでは残念がる。ノンプロ東鉄での三年間の実績が認められ国鉄(現産経)入りしたのが五年前。いまでは巨人キラーといわれるまでになった。しかし巨人キラーはいまにはじまったことではない。プロ入り初勝利が巨人戦。二十日の対巨人十六回戦(神宮)の白星がプロ入り13勝目で、そのうち7勝が巨人からだ。「巨人は去年も小川によくやられたし秋山にも弱い。左投手と同じで下手投げにも弱いのはたしかだ。キヨにはそのうえ球威がある。それで真っ向から勝負に出るからONにも打たれんのや」と中原コーチはいう。「ONさえ押えればあとは中日よりこわくない」という鈴木の自信もあるだろう。だがいまは巨人に強いということより、やっと一人前のプロ選手になれたことを喜んでいる。「なんでも一番になってやろうと思っていた。これで登板数(四十八試合)が板東さんを抜いてトップになった。防御率もいい。チャンスだからことしは防御率十傑をねらいたい。登板数も去年の宮田さん(巨人)の六十九試合を抜いてみたいな」ちっちゃなからだにでっかい望み鈴木の出番はまだまだへりそうもない。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池田英俊 | トップ | 小川健太郎 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事