プロ野球 OB投手資料ブログ

昔の投手の情報を書きたいと思ってます

鬼頭洋

2017-07-17 09:33:22 | 日記
1970年

ノーヒット・ノーランを達成したときの感想?

勝ったときは完封できたということがうれしかった。なにしろ初完封ですから、ゲームセットした瞬間はそんなに考えなかったが、あとになってどえらいことだったなあと思ったです。試合中もボク自身はノーヒットを意識しなかったです。フォアボールを出してランナーも三塁までいってました。しかし、七回ぐらいから、スタンドのお客さんがわいわい騒ぎはじめたので、意識はしなかったが、やってやれという気持ちでした。多分にツキもあったですよ。それにバックのみんなが助けてくれましたし、特に捕手の大橋さんのリードがよかったです。一球一球投げるごとに声をあげて励ましてくれたし、近藤昭さんも後から声かけて、がんばれよといってくれました。とにかくナインみんなのおかげです。それまで一勝五敗で、大事なときポカばかりやってましたのでこの試合に先発させてくれた監督さんに感謝してます。この日の登板は、北海道から帰ってくる飛行機の中でいいわたされたんです。あくる日も球場についたとき、鈴木さんに「こんど変なピッチングしたらファームに落とすゾ」とハッパかけられ、それがかえってよかったです。そしてこのノーヒット・ノーランをひとつの契機として、これから出るたびにいいピッチングをしたいです。

昨年オフに米国に野球留学したがその成果のほどは?

技術的にどうというような学んでくるものはなかった。細かいボールの握りとかは習いましたが、これは二本でも毎日練習していることですから、向こうの若い選手の野球に打ち込む真剣さと野球にのぞむ姿、バッターボックスに立って打てなければ、くやしいとヘルメットを投げつけ、ピッチャーも打たれるとくやしがって、こんどこそ打ち取るんだという気迫、これらは絶対見習うべきだと痛感しました。一球一打が真剣勝負というのがありありうかがえた。こっちからいかなければ教えてくれないようでしたね。そしてこっちのいい特徴を生かしたアドバイスをしてくれました。日本でもその選手にあった特徴を指摘してくれるんですが、ひとつの型をきめつけてしまうようです。しかし、この米国留学があったので、今シーズンはよけい大変ですよ。球団が、ボクを指名して教育リーグに参加させてくれたのですから。

今季とくに重点をおいた事?

今シーズンは勝ち星を幾つというのではなく、平岡が欠けて左がボク一人になったので、監督、コーチに信頼されるピッチングをしようと心がけました。でもシーズン初めがパッとしなくて、気持ちばかりがあせって、それについていけず、カラ回りの状態だったです。

野球歴?

小学校四年でソフトボールをやり始めたのが野球やった最初でした。正式にやるようになったのは中学(伊勢市立厚生中)からでしたが、中学一年の一学期の中間テストの成績が悪く、一時オフクロにやめさせられてしまったこともあったが、学校の先生が説得してくれ、夏休みにはいってから夏の練習から参加しました。それから名古屋商科大の付属高に進み、そこの大学へそのまま行きました。ポジションはずーっとピッチャーをやってました。当時で思い出に残っている試合は、大学二年の春のリーグ戦で対南山大学戦で六回までパーフェクト、七回にヒットを打たれてしまったが、十七奪三振の記録をたてました。その試合ぐらいですね。

プロ入りの動機は?

ボクはちょっと変わってるんですよ。最初は大洋の藤井さんが大学へ来て、そのときは高井(現ヤクルト)を見に来たんですが、ボクがとなりで投げていてそれが目にはいったらしいです。そして春のシーズンに望むとき、話があって入るようになったのです。しかしオフクロは大反対したですよ。三年で学校をやめ、プロへ入るのが気にいらなかったらしいんです。大学もちゃんと出ないで、カネのためにプロへはいったなどと世間体を考えてのことだったらしいですが、ボクは強引にオフクロを口説いたんです。

決めダマは?

変化球は全然ダメ。内角にくい込んでくるストレート一本。あとはフォーク・ボール。これはここぞというときだけであまり投げない。ストレートで押していくだけです。それが打たれたらしょうがないです。

相性のいい打者、ニガ手は?

短くバット持ってコツコツ当ててくる大塚とか東条みたいのは嫌いですね。大塚などファーム時代からニガ手。力のあるバッターは攻め易いです。

球場の好き嫌いは?

川崎球場が投げ易いです。それから東京球場、時々大洋のゲームなどもやりますが、ここも好きですね。後楽園は嫌いです。あとの球場は、まあまあです。

初先発、初勝利は?

入団三年目の年のオールスター前、七月の巨人戦が初登板。初勝利はやはり同じ年の八月。いつだったか日付は忘れましたが、東京球場の対阪神戦で五回と三分の二を投げて勝ちました。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮田征典 | トップ | 鬼頭洋 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。