閑静な目黒のお家アロマサロン・ピュアティ 〈purity diary〉

アロマトリートメント/ホットストーン/クラフト、石鹸教室/ハーブ/ワークショップ/最寄り駅:不動前駅、JR目黒駅

Bon Bon Aroma ♪ ~想いをはせる~

2017年08月13日 | アロマテラピー
アロマテラピーサロン・ピュアティの
槙 美佐子です。

世間では、お盆休み!?

みなさま、いかがお過ごしですか?

いつも通り、お仕事の方お疲れ様です♩

お盆とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事。

日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事だそうです。

地域によって違うけれど、一般的には新暦で

8/13 迎えの火(盆の入り)
8/14 中日
8/15 中日
8/16 送り火(盆明け)

となるそうです。



精霊馬を用意して、

きゅうりは馬 → 速く来てくれますように
なすは牛 → なごり惜しいのでゆっくり帰ってくださいね(馬よりも遅い牛)

という意味があります。

アロマテラピーでは、お盆のときに焚くのにふさわしい香りがあります。

・サイプレス

学名:Cupressus sempervirens

ラテン語の「sempervirens」のsemper(常に)+ virens(緑)で、サイプレスは四季を通して緑をたたえているから「永遠に生きる」という意味を表すといわれ

古代ギリシャの哲学者プラトンは、サイプレスを「不老不死」の象徴にたとえています。

神聖な木として崇拝され、古代エジプトでは(また古代エジプトだ。笑)
死者をなぐさめる植物とし、ミイラの棺に使われました。

それから、

・ジャスミンのお香を焚くことで、
死者に敬意を表す


・サンダルウッドを燃やし、瞑想することによって、
過去の生命と繋がることができる


・カモミール、スィートマジョラム、アロエベラをお墓のそばに植えることで、
孤独を癒し安らかに眠ることができる


などなど言い伝えがあります。

ジャスミン、サンダルウッドのお線香を供えたり

サイプレスの香りをお部屋に焚いて、亡くなった方々へ想いをはせる♪

Bon Bon Aroma Time 💛

懐かしい思い出が甦り、優しい気持ちになります♩

せめて夢の中ででも

会いたいな。






☆☆☆

〈夏のオススメ〉ナチュラル日焼け止めクリーム&虫よけスプレー作り

〈新メニュー〉脳エステ&小顔つぼ押しマッサージ


☆☆☆

メルマガ『purity通信』ご登録は


こちらクリック

☆☆☆




aromatherapy salon purity



トリートメントメニュー



アロマタッチトリートメント 



出張メニュー(トリートメント、クラフト、石けん)



石けん教室




アロマテラピー&クラフト講座 





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・マミー 呪われた砂漠の女王 | トップ | 顔のツボ押し談義♩ほうれい線... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。