閑静な目黒のお家アロマサロン・ピュアティ 〈purity diary〉

アロマトリートメント/ホットストーン/クラフト、石鹸教室/ハーブ/ワークショップ/最寄り駅:不動前駅、JR目黒駅

インサイドヘッド 愛すべき喜怒哀楽

2017年06月17日 | 本、映画、観賞
アロマテラピーサロン・ピュアティの
槙 美佐子です。

金曜日だったかな?テレビでディズニー映画「インサイドヘッド」をやっていて、録画したのを観ました。

思ってたより面白く、大切なことが描かれてて、さすがディズニー♪と思いました。

テーマソング(日本語吹き替え版)はドリカムだしね♪

物語は、11歳の女の子 ライリーの頭の中にいる「感情」たちがライリーの幸せのため、カラダをはって?がんばる姿が描かれてます。

頭の中の司令部には

・ヨロコビ(Joy)
・カナシミ(Sadness)
・ビビり(Fear)
・イカリ(Anger)
・ムカムカ(Disgust)

が、駐在していて、24時間 ライリーを見守っていて、思い出なども管理してるの。

喜び、楽しさ担当の「ヨロコビ」は、ライリーの悲しみ、寂しさを「楽しさ」で助けようとするけれど、どうもうまくいかない。

ビビり、イカリ、ムカムカもあれこれと手を打つけれど、ドンドン混乱し、ライリーの「ココロ」が、とうとう動かなくなってしまう。

性格を形成している「島(ワールド)」は、次々壊れて、絶命のピンチ。

今まで「ヨロコビ」は「カナシミ」が余計な手を出すことを、止めていたの。

よけいライリーが悲しんでしまうから、助けられるのは「自分(ヨロコビ)」しかないと思っていたから。

でも、それは間違いだと気づき、

ライリーの「悲しみ、寂しさ」に寄り添って癒せるのは「カナシミ」しかいない、と譲るんです。

そして、カナシミが寄り添って、パパとママに抱きしめられ涙を流すライリー。

ヨロコビもカナシミに手を添える。

カナシミとヨロコビが混ざりあい、溶けあい、ライリーは「本来のじぶん」&「希望」に戻ることができる。

みたいな。笑

かなり、ざっくりな内容説明だけど、「記憶の保管場所」「潜在意識の地下保管場所」「記憶のごみ処理場」「考えの電車」などなど出てきて、

これがまた、うなるほどの納得感。笑

ヨロコビを助ける、もうひとりの立役者「ビンボン」

ビンボンは、ライリーが子供の頃、空想で作りあげたお友達。

ライリーのため、ビンボンは自分を犠牲にしてまで「助けよう」としたのですよね。

ディズニーだから、ハッピーエンドで終わるのだけど、

そのストーリーの合間合間にツーと泣けてくるんです。笑

誰の中にも、わたしの頭の中にも、このチーム(感情)いるんですよね~。

みんながいて、統一されている。

喜怒哀楽、みんな大切な感情なんです。

バランスは大切だけど、どれがなくなっても「ココロは動かなくなってしまう」

みんな「守る」ために、そのときそのとき、出てきて表現してくれるわけです。

だから

それがイカリ、ムカムカ、ビビり、カナシミでも、安心して気持ちを委ねてればいい。

戦わないで、拒絶しないで、その感情を感じきれば良い。

そのあとは、ちゃんと「ヨロコビ」が控えてる。

みんな見守っていてくれる。

それを(自分を)信頼すればいい♪

などなど、「深読み」しながら観ていました。笑


子供が観ても楽しい♪
大人が観たら、ちょっと考えさせられて「心」が動いてしまう♪(感動)

ディズニー映画って、そういうところあります💛



☆☆☆

新月☆蟹座 塗り絵セラピー&除菌アロマスプレー作り 6/24(土)18時半~募集中

☆☆☆




aromatherapy salon purity



トリートメントメニュー



アロマタッチトリートメント 



出張メニュー(トリートメント、クラフト、石けん)



石けん教室




アロマテラピー&クラフト講座 

















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森を歩けば。。。 | トップ | 新月☆蟹座 塗り絵セラピー&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。