《目黒のお家アロマテラピーサロン・ピュアティ》 purity diary

アロマルームのできごと、好きなこと、日々のあれこれをココロのままに綴ってます♪
(最寄り駅:不動前駅、JR目黒駅)

パヒューム「ある人殺しの物語」

2017-01-30 20:08:04 | 本、映画、観賞
アロマテラピーサロン・ピュアティの槙美佐子です。

最近、頻繁に話題が出るのが。。。

かれこれ10年前の映画「パフューム・ある人殺しの物語」

わたしも当時観に行きました。

キーワードは「悪臭、驚異的な嗅覚、少女の香り、調香師、香水作り」

香りがこの映画の支柱となっているけど、映画を観てるわたしたちには、香りはむろん届かない。

届かないながら、悪臭が漂う市場は、「本当臭そう」と顔をしかめてしまう映像で、香水作りのときは、本当にいい匂いをかいでる感覚におちいりました。

それが、この映画のすごいところ✨

最後は、究極の香り(世界がひれふす香り)で世界を変えようとする主人公。



その匂いをかいで、群衆がみんな真っ裸になるシーンでおしまい。

わたしは、その究極の香りがどんな匂いなのか知りたくて知りたくて。。。謎めく香り。

どんな香りだと思いますか?

気持ち悪いシーンもあったけれど

18世紀のパリの街並み、香水を調合するシーンと、ジャスミンを油脂吸着法でとってるシーン✨わくわくしました٩(^‿^)۶

DVD借りにいきます。笑

そして

アロマテラピーのクラフトで作るならば

アルコール10ml 精製水20mlで

パフューム 精油50~80滴
オードパフューム 30~50滴
オードトワレ 20~30滴
オードコロン 15-20滴

↑ 目安としています。

ちなみに

ローズ、ネロリ、イランイラン、ジャスミン、オレンジ、ベルガモット、バニラ、ブラックペッパーなど香水向きな香り

香水作りも浪漫があります❤️



パフューム ある人殺しの物語 [DVD]
クリエーター情報なし
ギャガ



香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)
パトリック ジュースキント
文藝春秋




☆☆☆

WINTER CREAM 作り〈アロマクラフト教室〉(2月末まで)

魔術師コース3☆基材を使いこなす



☆☆☆





aromatherapy salon purity



トリートメントメニュー



アロマタッチトリートメント 



出張メニュー(トリートメント、クラフト、石けん)



石けん教室



アロマクラフト教室メニュー

只今、工事中m(._.)m



アロマテラピー&クラフト講座 全5回

只今、工事中m(._.)m



ホームケアー講座(検定試験対応講座)




アロマハンドトリート




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WINTER CREAM 使い心地 | トップ | ホットストーンの自然力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本、映画、観賞」カテゴリの最新記事