閑静な目黒のお家アロマサロン・ピュアティ 〈purity diary〉

アロマトリートメント/ホットストーン/クラフト、石鹸教室/ハーブ/ワークショップ/最寄り駅:不動前駅、JR目黒駅

富士山と桜

2017年03月07日 | アロマテラピー
アロマテラピーサロン・ピュアティの
槙 美佐子です。

手ぬぐい額縁が、



お雛様から、富士山&桜に変わりました。
お雛様。。。短かったぁ。。。笑

「富士山と桜」 日本人が大好きな組み合わせ♪だと思います。

おまけに、真赤な太陽(ご来光)も。。。めでたさを感じる手ぬぐいです。

さて、

精油の「桜」をみかけたことありますか??

わたしは、「桜」をイメージして作られた「ブレンド精油」や
人工的に作られた「フレグランスオイル」は良く見かけるのですが
100%純粋な「さくらの精油」手にしたことないのですよね~。

そもそも、桜の香りって。。??

以前 さくら咲く石けんを作ったとき

さくら(ソメイヨシノ)の葉のインフューズドオイル(浸出油)とさくらの落ち葉の2番液を使い、トンカビーンズの精油で香りづけしたのです。

桜餅のような良い匂いでした♪



実際にお花見に行って、花びらをクンクンしても、「???」という感じで、「桜は香らない」というイメージがあり、桜の香り=桜餅 と思う方も多いかと思います。

でも、繊細な香りがあるのです。

桜の芳香成分は

・ベンズアルデヒド。。アーモンドやバニラなどに含まれる甘い香り

・β-フェニルエチルアルコール。。ローズの主成分で甘く優雅な香り

・アニスアルデヒド。。アニスやフェンネルを甘くしたような香り

・クマリン。。桜葉漬の香り

想像できますか?笑

そんな繊細な、顔をくっつけても香りをキャッチできるかどうかの弱い芳香の桜

精油にするのは、不可能のような気がします。

これから訪れる桜の季節

目で愛で香りを想像する♪ 
桜餅を頂いて、想像する♪

そんなふうに「香り」を楽しみたいと思います。


☆☆☆

新月☆牡羊座 カラー塗り絵セラピー @3/28


美エッセンス作り


魔術師コース3☆基材を使いこなす



☆☆☆





aromatherapy salon purity



トリートメントメニュー



アロマタッチトリートメント 



出張メニュー(トリートメント、クラフト、石けん)



石けん教室




アロマテラピー&クラフト講座 




ホームケアー講座(検定試験対応講座)




アロマハンドトリート







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠る姿勢 | トップ | 花粉症スプレー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。