プリンの一行日記

2017年 今年も健康第一にプリオ君とプリンの楽しい画像をUP致しますね。
旅行に趣味をエンジョイしたいと思っています

デジブック 『国宝 妻沼聖天山』

2017年06月17日 | 旅行
デジブック 『国宝 妻沼聖天山』


こんばんは~(o^―^o)ニコ

昨日は、群馬県 赤堀花菖蒲園へ行った帰りに熊谷市の

国宝 歓喜院聖天堂を見て来ました。



歓喜院聖天堂は大工棟梁 林正清が15年かけて工事の費用を集め

再建をするが、利根川の洪水で中断したりで25年の歳月が経ちます。

正清が亡くなった後は息子の正信が建立させました。






本殿の緻密な彫刻に豪華絢爛の彩色が目を見張ります。













拝殿、中殿、奥殿の三棟が連なるのを権現造りと言います。



龍、獅子、狛犬、仁王など一対の物は阿形(口が開いていて最初に出す音)

吽形(口が閉じて最後に出す音)と言います。

そこから宇宙の始まりと終わりを表しています。





彫刻には色々教えが彫られていますが、「三聖吸酸」

三人の聖人が(孔子、釈迦、老子)一つ瓶を囲んでいます。

お酢をなめると、その酸っぱさを共感している様子を表現しています。

儒教、仏教、道教など宗教や思想が違っていても、同じように感じる

「三教一致」を意味しています。



こういう説明をボランティアの方が1時間をかけてしてくださいます。

分かりやすいお話で勉強になりました。

心穏やかになりました~

では、おやすみなさい~~~



ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画のワンシーンみたいでし... | トップ | ナンプレやや難問でした~♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まっころ)
2017-06-19 10:44:43
歓喜院聖天堂、なんて美しいの!!!
私、ここ知りませんでした。
一度行ってみたいなぁ。

デジブック・・・ああ~プリンさんはいつもハイテクだわ。
まっころさん~こんばんは(o^―^o)ニコ (プリン)
2017-06-19 18:56:17
私も初めて知りました~♪

平成15年から7年間、13億円をかけて修復工事をして
鮮やかに蘇ったそうです。
匠の技ですね~彫刻も素晴らしい彩色も豪華絢爛
埼玉日光と呼ばれているそうです。

デジブックは簡単ですよ~画像を入れるだけです。
まっころさんも使ってみてね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL