HARRY’S ROCK AND ROLL VILLAGE

お気に入り音楽の紹介と戯言

THE STORY OF ROCK N ROLL

2016-09-18 22:40:25 | ROCK

ビートルの次はタートルでしょ。(笑)

掲載写真はタートルズのオリジナル・アルバム6枚を収録した6枚組CD「THE
COMPLETE ALBUM COLLECTION」。最初の3枚のアルバムはモノとステレオの
両バージョンが収録され、残りの3枚にはシングル曲やデモ等のボーナス・トラックが
30曲以上追加され聴き応え十分の組物に仕上がっている。

順にアルバムを聴いていくと最初はディランのカバーが数曲あるせいか、初期バーズの
ような感じもするがアルバムの枚数を重ねるに連れてどんどん内容が充実していくのが
わかり面白い。

4枚目のアルバム「THE TURTLES PRESENT THE BATTLE OF THE BANDS」では
タートルズが曲別に架空のバンドを演じている。これは複数のバンドの曲を集めた
コンピレーション盤を実は一つのバンドが演奏しているという面白さがある。
5枚目の「TURTLE SOUP」はレイ・デイヴィスのプロデュースの影響からか、曲の
陰影の彩が実に味わい深く仕上がっている。6枚目はバンド崩壊後に出た寄せ集めであるが
それでも一定のクオリティは保っている。

ただ、この6枚組の箱を手にしたからといって全てが手中に収まるわけでもない。
93年に再発された際のCDにはボーナス・トラックとしてこの箱にも入っていない曲が
幾つも収録されているので、全部まとめて「COMPLETE RECORDINGS」として
くれれば尚良かったのにと思うのだが、まあ贅沢は言うまい。

話変わって・・・。
私が、タートルズ関連で初めて買ったレコードは83年にライノから出た3枚組LP
「THE HISTORY OF FLO & EDDIE AND THE TURTLES」であった。

 発売から5年遅れの88年に難波駅地下のタワー・
レコードで新品で買ったのだがブックレットが封入漏れであるのに気付いたのはネットの
時代になってからである。ライノ・レコーズは過去の盤を再発するレーベルなので、
ライナー無しの廉価なんだと当初は思っていたが今となってはどうでもよい。

この3枚組は妙な編集盤でベスト盤だと思って買った私は、買った当時はがっかりした。
何せ目当ての『HAPPY TOGETHER』はライブだし。(笑)ところが経験値を積むと
ジュディ・シルのカバーがあることに驚いたり、アルバムの5面と6面を丸まる使って
収録された「FLO & EDDIE RADIO SHOW」の面白さにのけぞったりできるようになる。

曲の合間に喋るゲストが豪華でアリス・クーパー、キース・ムーン、リンゴ・スター、
ボウイ様にルー・リードにイギー・ポップ等々の声を刻んだレコードとして価値が
あるかも。(笑)マーク・ボランに至っては軽く歌ってもくれる。これがCDになる
ことは多分無いだろう。

難波駅地下のタワー・レコードに寄った帰りには必ずと言っていいほど、近くに
あったカレー屋でソーセージ・カレーを食べた。この3枚組LPを見ると何故か
無性にあのカレーを食べたくなる。(笑)

そういえば、そのタワーでレコードを万引きするヤツを見つけたことがある。店員は
誰も気づかず防犯タグのブザーが鳴ったままヤツは走り去った。当時同じような仕事をし
同じような目にあっていた私であったが、何故か特別腹が立つことも無くその場を
立ち去ったように記憶している。そしてこんなことを思った。
「あいつ、多分人生で一番早く走ったかもな。」

亀は意外と早く泳ぐのだけど・・・。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AND NOW , HERE THEY ARE ! T... | トップ | AND I LOVE CAR »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
両津勘吉最後の日 (tapara)
2016-09-19 14:12:52
Harryさん、

わたしゃ、ご存じのようにへそまがりですので、皆さんが大好きな「こ○亀」をおもしろく読んだことがほとんどありません。なんか、絵が好きになれないのですな。

ですので、40周年、単刊本200号と言われても、「へえ」
という感じですごしています。

タートルズは面白いバンドですね。
デュオプロジェクトかグループかどちらが主体だったのかよくわかりませんが、
チーチ&チョンよりも好ましく思っていました。(比べるのが変?)

>タワー・レコードに寄った帰りには必ずと言っていいほど、近くにあったカレー屋でソーセージ・カレーを食べた

この段でいくと、70年代中盤、京都には吉野家がなかったので、大阪の紀伊国屋書店に行ったあとは
いつも牛丼をくらっていたおらも同様でしょう。
LAST STAND (ハリー)
2016-09-19 20:38:07
taparaさん

件の漫画、私が小学生の頃から続いていたわけで、その事実は凄いのですが、個人的には趣味ではなかったです。週間少年ジャンプなら、「アストロ球団」に燃えました。(笑)

チーチ&チョンはフロ&エディーと比べるにはちょっと
・・・。(笑)

そういえば、意外と学生時代に京都で吉野家に入ったことがほとんどありません。当然ながら既に存在していたのですが・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。