HARRY’S ROCK AND ROLL VILLAGE

お気に入り音楽の紹介と戯言

追悼 りりィ

2016-11-12 11:20:59 | 日本のロック・ポップス

11月11日肺癌により、りりィが64歳で人生の幕を下ろした。

近年も音楽活動を続けていたが、どちらかというと俳優のイメージが強く残っているのは
私がテレビばかり見ているせいかもしれない。
72年の映画「夏の妹」は栗田ひろみを主役に据えた作品であったが、当時20歳であった
りりィも出演しており、その不思議な美しさに見入ったことを妙に覚えている。

有名なヒット曲もいいが、多くの名うてのミュージシャンが参加した70年代の
数あるアルバムをよく聴いたものだ。

安らかに・・・。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DEATH OF A LADIES' MAN | トップ | THE EARLY YEARS 1965 - 1972 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フォール ハズ カム オールレディ (tapara)
2016-11-12 21:53:31
Harryさん、

レナードコーエンは大昔のCBSソニーの黎明期から顔を知っているのだが、
ついに50年弱たってもまともに聴いたことがないため触れないでおきます。
ただし、RIPはお祈りします。

りりィさんは、やはりFM大阪の初期にバイバイセッションバンドのコンサートライブかスタジオライブか何かで
楽しんだような記憶があります。
独特の彼女の声と弾むバンドにより、いい演奏だったなと感じました。

『風のいたみ』、よかったですね。
その後のおばはん役などの演技も素晴らしかった。
もう一度、『起きてよ』とかも言いたくなる。

南無阿弥陀仏、合掌。

ロング・グットバイ (ハリー)
2016-11-13 07:16:52
taparaさん

人の死を悼みながら、午後に到着したピンク・フロイドと
ボブ・ディランの箱物にワクワクする自分がいる、という
複雑な昨日でした。

思えば浅川マキもりりィも多くのミュージシャンを惹きつける夜の光のような存在だったのかもしれませんね。

コメントを投稿