pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラブソングができるまで

2007-04-30 01:03:12 | アメリカ映画(ら行)



2007年 アメリカ作品 104分 ワーナー・ブラザース配給
原題:MUSIC AND LYRICS
STAFF
監督・脚本:マーク・ローレンス
CAST
ヒュー・グラント ドリュー・バリモア ブラッド・ギャレット クリステン・ジョンストン

ヒュー・グラントってやっぱりセクシー!

バベル」と続けて映画館で観てきた。観る順番が「バベル」→「ラブソング」ができるまで、で本当に良かった「バベル」の感想で、「生きるのって面倒だなぁって気だるくなった。」って書いたけど、この映画は逆に「生きるって素晴らしいなぁ。ラブっていいなぁ!」って思わせてくれる作品だったから。ユーモアの効いたセリフも多くて、楽しませてくれる作品でした

ヒュー・グラントってやっぱりセクシー!時代遅れの変なダンスをしても、チャーミングなんだよね。ドリュー・バリモアは、米ピープル誌が選ぶ今年の「最も美しい人々」に選ばれたとかで、今一番輝いてる女優。顔や体形だけを見たら「最も美しい」とは思えないんだけど(苦笑)、彼女のインタビューを読んでると、いつも「いい事言う女優さんだなぁ。」と思うんだ。ティーン時代にドラッグやアルコールに溺れる人生を送ったみたいだけど、そんな過去の失敗を克服した彼女は本当に人生の酸いも甘いも知ってるんだろうなぁと思う。そしてそれゆえに、ああいう大らかな人柄が出来たんだろうなぁって。そんな人柄が、この作品にも染み渡ってた。

二人が協力して作り上げたWAY BACK INTO LOVEが、頭から抜けない。そして何気にブリトニーを思い起こさせるコーラのBUDDHA'S DELIGHTもちょっと癖になる!セクシーな踊りに何故仏陀と仏像!?仏陀を理解してやってるのかー?と言いたくなる一方で、何か癖になる音楽なんだ。(笑)またサントラ欲しくなっちゃった~。「ドリームガールズ」とか「ステップ・アップ」とか、音楽が主の映画を観ると、すぐにサントラが欲しくなってしまいます

【字幕翻訳:藤澤睦実】

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バベル | トップ | ただ、君を愛してる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (八ちゃん)
2007-05-20 21:10:17
MOVIXが今日1000円なので、仕事帰りに観てきました。ドリューは一番好きな女優さんだし、ヒューもお気に入りなので大満足な映画です。80年代を顧みるブロガーさんの記事も多いのですが、それを抜きにしても二人のテンポの良い会話だけでも十分楽しめる映画だと思います。それとコーラの楽曲も!
コメントありがとうございます! (pure)
2007-05-22 16:04:53
あ~~!そうですね!!20日はMOVIX千円でしたね。せっかく日曜と重なったのに、観に行きませんでした。。。もったいない・・・
本当にヒュー&ドリューは魅力的な二人ですよね!
あたしも何気にコーラの楽曲、頭から抜けません。(笑)これもサントラ買ってしまいそうです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ラブソングができるまで』 (京の昼寝~♪)
落ちぶれた80年代ポップスター  男に騙された元ライター     ■監督・脚本 マーク・ローレンス ■キャスト ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア、ブラッド・ギャレット、クリステン・ジョンストン、キャンベル・スコット □オフィシャルサイト  ...
★「ラブソングができるまで」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A75/S41)←今年通算75本目。 今週の公開作は「ロッキー・ザ・ファイナル」とか、「ハンニバル・ライジング」があったけど・・・ 予告編が面白かった、この作品をナイトショウで鑑賞。 主演は、にやけ男系のヒュー・グラント・・・ひらりん苦手系俳優のひとり。...
ラブソングができるまで♪えぇ~!ヒュー・グランドが歌って踊る! (銅版画制作の日々)
    ヒュー・グランド×ドリュー・バリモアの素敵なとのお話で~す ホリデイ以来のHAPPYでLOVEな映画ですやっぱりいいですこういうロマンティクなラブコメヒュー・グランドは「ブリジット・ジョーンズ」でのプレイボーイ役が凄く印象に残っていたので・・・・。好感...
ラブソングができるまで (Music And Lyrics) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーク・ローレンス 主演 ヒュー・グラント 2007年 アメリカ映画 104分 ラブロマンス 採点★★★★ 私の部屋や車の中で流れているデュラン・デュランやジャパン、トーマス・ドルビーにヒューマン・リーグ、果てはスクリティ・ポリティの曲を耳にした知人は間違いな...
ラブソングができるまで (八ちゃんの日常空間)
マーク・ローレンスでラブコメに目覚めた八ちゃんが観ないわけがありません(表向きコメント) ドリューが出ている映画を初日に観ないはずがありません! というわけで、本年度劇場観賞99本目・100本目は、映画ブロガートップのドリューファンを自負する八ちゃんのGW一...
ラブソングができるまで (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                        評価:★9点(満点10点) 2007年 104min   監督:マーク・ローレンス 出演:ヒュー・グラント ドリュー・バリモア ブラッド・ギャレット ...
★ 『ラブソングができるまで』 (映画の感想文日記)
2007年。 WarnerBros. "MUSIC AND LYRICS". マーク・ローレンス監督。
ラブソングができるまで (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼は、忘れ去られた80年代のポップスターだった 彼のメロディに彼女の詩<ことば>が出会うまでは──』  コチラの「ラブソングができるまで」は、ヒュー・グラントとドリュー・バリモアというラブコメ映画には欠かせない2人が、初めて共演した4/21公開になるラ...
ラブソングができるまで (シェイクで乾杯!)
オープニングのプロモシーンを観て、 てっきり間違ったものをレンタルしちゃったのかと思った!
ラブソングができるまで (虎猫の気まぐれシネマ日記)
何を隠そう,私はかつて ヒュー・グラントの熱烈なファンだったことがある。(過去形)「モーリス」の輝くばかりの美青年だった頃から始まって,「ノッテイング・ヒルの恋人」のあたりまでの期間。(つまり彼の若い頃)エリート英国紳士らしい,上品な雰囲気や、優しげ...
ラブソングができるまで (BLACK&WHITE)
【MUSIC AND LYRICS】2007年/アメリカ 監督:マーク・ローレンス  出演:ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア、ヘイリー・ベネット、ブラッド...
「ラブソングができるまで」 (シネマ・ワンダーランド)
「ノッティングヒルの恋人」や「おいしい生活」などの作品で知られるヒュー・グラントと「50回目のファースト・キス」などで知られるドリュー・バリモア主演のラブ・コメディ「ラブソングができるまで」(2007年、米、マーク・ローレンス監督、104分)。本作は元...
『ラブソングができるまで』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ80年代に爆発的な人気を博したグループ“PoP”のメンバーだったアレックス。しかし、解散後に発売したソロアルバムが泣かず飛ばず。今では、過去のスターとなっていた。ある日、若者に絶大な人気を誇るシンガー、コーラ・コーマンからアレックスに、曲の依頼が....