pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アバター

2011-06-05 23:37:31 | アメリカ映画(あ行)



2009年 アメリカ作品 162分 20世紀FOX配給
原題:AVATAR
STAFF
監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
CAST
サム・ワーシントン ゾーイ・サルダナ シガーニー・ウィーヴァー スティーヴン・ラング ミシェル・ロドリゲス


↑の青い人が生理的に受け付けない、SF苦手、しかも長尺。
ということで、あんなに話題になったにも関わらず劇場鑑賞を避けてしまったこの作品。

もったいないことしたーーーーーー!!!!ガ━━(゜Д゜;)━━ン!!!!

これは大画面で観るべきだった!!ってか、3Dで観るべきだった!!!
DVDで20インチの画面で観るなんて無粋なことをしでかしてしまいました。せめてもと思い、途中から32インチのTVで再生し直したけど。32インチでも無粋に変わりはないデス。(涙)
そもそもこの作品自体、長尺の意味がストーリー性ではなくてその画の美しさを見せるためだったと思う。
まるで「天空の城ラピュタ」のCGバージョンのような世界観を立体感ある映像で観たら迫力凄かっただろうなぁ…。ちょっとゲームのファイナルファンタジーシリーズも思い出させられる。といっても、FFはⅦ~Ⅹしかやったことないんだけど。(苦笑)観る前に気持ち悪いと思ってた”青い人”(ナヴィとアバター)も観ている内にキレイに見えちゃったから不思議。10年後はこの映像美もお粗末に見えてしまうくらいまた技術は進歩するのかな?

あー、SFでもハマってしまった「ターミネーター」と、もう涙なしでは観られないドラマ満載の「タイタニック」を生み出したジェームズ・キャメロン監督を信じて見に行けばよかった!

映像のことしか語ってませんね。
ストーリーは、映像の壮大さと比べたらちょっとこじんまりした印象かな。
元奥さんのキャスリン・ビグローの「ハート・ロッカー」は観たことないけど、アカデミー賞獲られてしまったのはみんな納得?の結果なのかな??近々観てみよ。


改訂新版 死ぬまでに観たい映画1001本 対象作品
(スティーヴン・ジェイ・シュナイダー著/ネコ パブリッシング)


 
今年からランキングに参加してみました。
もしよろしければ、ポチっと押して下さいね♪ σ゜ロ゜)σ エイッ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラック・スワン | トップ | パイレーツ・オブ・カリビア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アバター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。』  コチラの「アバター」は、「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりの新作となる ...
『アバター』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
あの『タイタニック』以来、ドキュメンタリーなどを除くと実に12年ぶりのジェームズ・キャメロン監督の最新作ということで注目され、3Dで公開されるや記録的な大ヒットとなった話題作ですが、どうしてもあの「青い人」のビジュアルが好きになれずに見送っていましたが...
アバター (勝手に映画評)
構想に14年、製作に4年を費やして「タイタニック」のジェームズ・キャメロンが完成させた大作。2Dでも上映されるが、基本、3D作品。実写での本格的3D作品になっている。 典型的な「ミイラ取りが、ミイラになる」と言うストーリーの作品であるが、構想と制作に長時間掛け....
『アバター』(3D/吹替版) (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アバター」□監督・脚本 ジェームズ・キャメロン □キャスト サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ラズ・アロンソ、シガーニー・ウィーヴァー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、CCH・パウンダー、ジョエル・デヴィッド・...
「アバター」 キャメロンは映画業界の牽引車 (はらやんの映画徒然草)
3D映画元年と言っていい2009年のオオトリを飾る3D映画はジェームズ・キャメロ
■映画『アバター』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
映画『アバター』を観て来ました。 言わずと知れた、ジェームズ・キャメロン監督が13年ぶりにメガホンをとった話題作。 いやー、映像が本当に素晴らしいですね。 この作品で“映画”というものの概念が、また一つ変わったような気がします。 映画がサイレントか...