pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウォンテッド

2008-09-13 20:22:06 | アメリカ映画(あ行)


2008年 アメリカ作品 110分 東宝東和配給
原題:WANTED
STAFF
監督:ティムール・ベクマンベトフ
脚本:マイケル・ブラント デレク・ハース クリス・モーガン
CAST
アンジェリーナ・ジョリー ジェームズ・マカヴォイ モーガン・フリーマン テレンス・スタンプ


(」°ロ°)」 アンジーおかえり〜!
(」°ロ°)」 アンジーセクスィーー!!カッコイイーーー!!
(」°ロ°)」 他に特にねぇー!!!

ってな感じ。(笑)
つまらなかったわけじゃないんだけど。何度か鳥肌立つシーンあったし。映画館の大音響・大スクリーンで観てなんぼの映画だと思います。でも特に印象に残る作品ではなかったんだよね。スカッとするけどね〜!
人の命がどうこう言う作品じゃないとは分かってるけど、巻き込まれて死んでしまう人多数。そして終盤のネズミのシーンは、いくらRATと言えど苦情来そう
エンドロールに入る直前のウェスリーのひと言は、思わず微笑んでしまいました。うまいシメだなぁって。

やっぱり

(」°ロ°)」 アンジー待ってましたー!
(」°ロ°)」 アンジーセクスィーー!!カッコイイーーー!!

に尽きる。(笑)

【字幕翻訳:松浦美奈】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パコと魔法の絵本 | トップ | 幸せの1ページ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ウォンテッド (Memoirs_of_dai)
ストーリー展開と銃弾の曲がり方 【Story】 人生にうんざりしているウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)の前に突如現れた謎の美女フォッ...
ウォンテッド (映画鑑賞★日記・・・)
【WANTED】2008/09/20公開(09/13先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:ティムール・ベクマンベトフ出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ、トーマス・クレッチマン “1を倒して、1000を救う”
ウォンテッド (ともやの映画大好きっ!)
(原題:WANTED) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) マーク・ミラーとJ・G・ジョーンズによるアメコミを実写映画化したアクション映画。 ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、自分の人生の何もかもにウンザリしている平凡な若者。変化の...
「ウォンテッド」感想 ちょこっとマトリックス風 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
あまり深く色々考えずに見ると、アクションシーンとかもなかなか凄いし、ハラハラドキドキもするし、キャストも凄い豪華だし、それなりに楽...
ウォンテッド (りらの感想日記♪)
【ウォンテッド】 (21) ★★★☆ 2008/9/13 先行上映 ストーリー 仕事もプライベートも冴えない青年ウェスリー(ジェームズ・マカ
「ウォンテッド」 (雑板屋)
2008年9月20日公開 話は至って単純で、見所はド派手なカーアクションとスタイリッシュな映像に、非現実的な弾丸カーブ! 女殺し屋フォックス演じるアンジーが、相変らずの存在感で、強い女役がほんとに素敵だ。 主役のジェームズ・マカヴォイも、イライラするほどひ...
「ウォンテッド」弾丸が曲がる! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2008年9月7日18:43 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始後、1週間固定。    ロシアの新鋭、ティムール・ベクマンベドフ 監督のハリウッド進出第1弾。「ウォンテッド」(東宝東和)。相変わらずアンジー姐さんは、エロカッコイイ!(^^;  ...
ウォンテッド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告に魅せられて、スッゴク、スッゴ〜ク楽しみにしていた映画【story】上司に怒鳴られ、恋人には同僚と浮気され、何もかもにウンザリしていたウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)。そんな彼の前に突如現れた美貌の殺し屋フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)は、ウ...
ウォンテッド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『新次元へ―。』  コチラの「ウォンテッド」は、アンジェリーナ・ジョリー主演作としては、その後共演をきっかけにパートナーとなったブラピとの共演で話題を呼んだ「Mr.&Mrs.スミス」を超えてNo.1ヒット作となった9/20公開(13〜15先行上映)のR-15指定のアクショ...
Wanted (You got a movie)
監督   ティムール・ベクマンペトフ キャスト ジェームス・マカウ゜オイ       アンジェリーナ・ジョリー       モーガン・フリーマン        「覚醒せよ、新次元へ」という謳い文句に偽りは無かったと思う。まさしくこの映像は普通ではなかった。...
「ウォンテッド」 (みんなシネマいいのに!)
 おそらく、この秋一番のギャグ映画。 タイトルを聞いてピンク・レディーの歌を思い
映画「ウォンテッド」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「ウォンテッド」@東宝東和試写室 映画の話 恋人にも捨てられ、人生にうんざりしているウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)。そんな彼の前に突如現れた謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ンジェジョリー)は、ウェズリーの亡き父が秘密の暗殺組織をけん引するす...
ウォンテッド (Akira's VOICE)
ネズミに合掌。  
確かに良く出来ている!『ウォンテッド』 (水曜日のシネマ日記)
ひとりの冴えない青年が暗殺組織の一員となってゆく物語です。
WANTED!新次元へ突入したアクション・ムービー (銅版画制作の日々)
   予告編でのアンジーのアクションが目に焼きついていました。やっぱりこれは観なきゃいけないと思っていた作品。(9月22日、MOVX京都にて鑑賞。) それとあのジェームス・マカヴォイがメインでの出演だということもあって、ちょっと気になっていました。彼がアクシ...
『ウォンテッド』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
『ウォンテッド』 2008年(米)監督ティムール・ベクマンベトフ こんなにも軽々しい映画があるだろうか。アドレナリンが大量に放出され、まるで一種のアトラクションのように殺しを楽しみ、その快楽に意義を見出している暗殺集団。そんな幼稚な彼らと共に映画的な快...
ウォンテッド (Yuhiの読書日記+α)
ティムール・ベクマンベトフ監督、ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン等が出演の新感覚アクションもの。 <あらすじ> 上司にはイビられ、恋人は寝取られと、散々な日々を送るウェスリーに突然の転機が訪れる。謎の美女フォックス...
ウォンテッド (小部屋日記)
WANTED(2008/アメリカ)【先行上映】 監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジェームズ・マカヴォイ/モーガン・フリーマン/テレンス・スタンプ/トーマス・クレッチマン 1を倒して、1000を救う いや〜おもしろかった! 斬新な映像と...
『ウォンテッド』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウォンテッド」□監督 ティムール・ベクマンベトフ □原作 マーク・ミラー、J・G・ジョーンズ □脚本 マイケル・ブランド、デレク・ハース、クリス・モーガン □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン...
『ウォンテッド』 2008-No61 (映画館で観ましょ♪)
ワタシ的には、 タムナスさん=ジェームズ・マカヴォイを見に出かけた映画。 あっ、それと、この人アンジェリーナ・ジョリーのこの...
「ウォンテッド」 アンジェリーナ・ジョリーの存在感 (はらやんの映画徒然草)
予告は文句なくカッコ良かった。 登場する暗殺者たちは、野球の投手がカーブを投げる
「ウォンテッド」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
マカヴォイくんも素敵でしたし、アンジェリーナ・ジョリーの恐ろしいくらいのかっこよさも際立ってましたわ〜
ウォンテッド (しーの映画たわごと)
モーガン・フリーマン目当てですが、アンジーも出てるのでかなりの話題作ですね。鑑賞後の調べによると、漫画の映画化でR15指定なんですか。(日本だけの話なのか??)漫画ネタでありながら中学生以下は劇場に入れないと。(笑)いちばん喜びそうな世代を締めだすとは…...
【映画】ウォンテッド…久しぶりに映画記事を更新 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}どうも、なんか久しぶりの更新です{/ase/} GW明けてからコッチ、公私共に何となく忙しく{/ase/}(主に公{/face_hekomu/})、全然ブログが更新できませんでした…{/ase/} 先週の日曜日に無理やり更新しなかったら死亡説が流れてたんじゃないか{/eq_1/}と思...
ウォンテッド (迷宮映画館)
すんげーー、おもしろかった。