ジャネット・アカネ

遠い故郷からの叫びが…。
ジャネットさんの熱い声聞いてみたーぃ。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

たましいの共鳴

2007-05-30 15:08:12 | Weblog
5月28・29日と東広島市の中高一貫校へ和太鼓の指導に行ってまいりました。
内容は、中学2年生4クラス分、2時間続きの音楽の授業で「長束祭太鼓」をしました。
今年で4年目ですが、毎年この時期になると行っています。
そこの音楽の先生の方針は、和太鼓に関して楽譜を見せないというやり方で取り組まれ耳から入ってくる音で曲を覚えさせます。
生徒たちは最初は戸惑いますが、練習していくにつれ自然に自分を開放するようになってきます。

授業最後の20分間位はず~と祭太鼓を叩き続けます!
だんだんと生徒の表情も明るくなり、掛け声も大きくなり気持ちも乗ってきます。
気づいたら一人ひとりがその気になってるんですね~。
自分のたましいと太鼓のたましいを共鳴させる。
音楽の先生がそういわれてました。

和太鼓って気持ちを前向きにさせる!
パワードラムといわれるのがわかる気がします。

えらそうなことを書いてしまいましたが、和太鼓いいですよ~~。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青枝垂れです! | トップ | やったね、桃太郎! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えでい)
2007-06-01 12:16:55
たましいの共鳴、いいですね!
文面を読ませて頂いただけで
こちらまで胸躍るようです(笑)

パワードラムか~
たましいが持つチカラ、
す、素晴らしい!(ガッツポース)
まぶしいぜ~! (akane)
2007-06-02 14:31:14
えでいさん、ガッツポースですか?
い、いや、すみません。

中学生のわきゃ~チカラ!って
眩しすぎました!(ガッツコイ)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL