Platinum Kubera FXの結果

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンジケート

2017-06-10 15:05:10 | 日記
要は「金融仲介機能」と「信用創造機能」加えて「決済機能」以上、重要な機能の総称を銀行の3大機能と呼び、「預金」「融資」「為替」の基本業務さらにはその銀行の持つ信用によってはじめて実現されていることを忘れてはいけない。
原則「銀行の運営、それは信用によって成功を収めるか、融資するほど価値があるとは言えない銀行だという見方をされて発展しなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が破綻(民事再生手続開始)したのある。そして、ついにペイオフが発動することになった。これにより全預金者のうちの3%程度、しかし数千人を超える預金者の預金が、上限額の適用対象になったのだと考えられている。
平成10年6月、旧大蔵省銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るものを分割して、当時の総理府の内部部局ではなく新しい外局として金融監督庁なるものが設けられたのである。
聞きなれたバンクという言葉はbanco(イタリア語で机、ベンチ)に由来すると言われている。ヨーロッパ最古といわれる銀行⇒今から約600年前に富にあふれていたジェノヴァで誕生し、政治的にも重要だったサン・ジョルジョ銀行なのです。
確認しておきたい。外貨預金のメリットデメリット。銀行で取り扱っている資金運用商品。米ドルなど外国通貨によって預金をする商品である。為替の変動によって発生した利益を得ることがある反面、同じ理由で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
英語のバンクという言葉はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉が起源で、ヨーロッパで最も古い銀行とは600年以上も昔、豊かなジェノヴァ共和国で設立され、政治的にも大きな影響があったサン・ジョルジョ銀行であると研究されている。
最近増えてきた、スウィーブサービスって何?銀行預金と(同一金融機関・グループの)証券取引口座間なら、株式等の購入代金や売却益が手続き不要で的に振替される便利なサービスである。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦です。
中国で四川大地震が発生した平成20年9月15日のことである。アメリカの老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズが誰も予想しなかったことに経営破綻したというニュースが世界中を駆け巡った。このショッキングな出来事が歴史的金融危機のきっかけとなったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたのだ。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行の経営が破綻した。この破綻で、金融史上初めてペイオフ(預金保護)が発動し、全預金者の約3%ながらも数千人を超える預金者の預金が、初適用の対象になったと考えられる。
きちんと知っておきたい用語。ロイズとは?⇒イギリスの世界的に有名な保険市場なのです。イギリスの議会制定法で法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)とそのシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合を指す場合もあります。
そのとおり「重大な違反」にあたるのかあたらないのかは、監督官庁である金融庁が判定する。大部分のケースでは、細かな違反がずいぶんとあり、それによる作用で、「重大な違反」判断を下すことが多い。
有名な言葉「銀行の経営、それは銀行に信頼があって順調に進む、もしくは融資する価値がないものだと認識されたことでうまくいかなくなるかの二つしかない」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
よく聞くコトバ、外貨両替というのは海外旅行にいくときであったり手元に外貨をおく必要がある人が活用されるものである。しかし日本円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
西暦1998年12月に、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長にするとされている新しい組織、金融再生委員会を設置し、のちに金融庁となる金融監督庁は平成13年1月の金融再生委員会廃止まで、その管轄下に約2年半位置づけされていたのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 2つ以上の金融機関 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。