世界遊戯博物館ブログ

世界遊戯博物館の別館です。

香港・澳門の暗象棋

2013年10月21日 | 世界の将棋


前回、タイの将棋・マックルックの変則規定を紹介したので、今回は香港や澳門(マカオ)で盛んな象棋を使った別の遊びを紹介したいと思います。

港澳(香港と澳門の略称)で遊ばれている象棋を使ったゲームは、駒を裏返して遊ぶものです。



遊び方の名前を現地で遊んでいる人に聞いたら、「暗象棋」と言っていましたが、これが一般的な名称か定かではありません。

同じように象棋駒を裏返して遊ぶゲームに台湾の「暗棋」がありますが、港澳の暗象棋は象棋本来の遊び方を改変したもので、台湾の暗棋とは遊び方が全く異なっています。

↓<台湾の暗棋>↓ 盤の半分のみを使って遊びます。


同地域の広東省でも現地の縁台象棋を数多く調査しましたが、暗象棋を見かけることは無かったので、恐らく縁台などで行われているのは港澳地域のみだと思われます。



遊び方を以下に記しますので、象棋のお好きな方は、是非ともお遊び下さい。


港澳・暗象棋規則

■初期配置

お互いの駒の色(黒・赤)を決めて、相手に自分の駒16枚を渡す。

相手の駒から「将・帥」の王駒を取り除き、裏返してかき混ぜる。

そして、裏返したまま盤上に駒に配置する。

配置の位置は、象棋の初期配置と同じで、「将・帥」だけは表向きで配置する。

お互いが駒を配置したら、盤を180度回転して、裏返した配置のまま相手に返す。


■駒の動き

裏向きの駒を最初に動かす時は、配置された位置の駒の動きをする。

例えば、馬の位置に配置された裏向きの駒は、馬の動き、砲の位置に配置された裏向きの駒は、砲の動きをする。

一旦動いた駒は、移動が終わると同時に表向きになり、次にその駒を動かす時は、その駒本来の動きになる。

「仕・士」や「象・相」は表向きになった状態で、河界を越えて、敵陣でも動く事が出来る。


■その他の規定

相手の駒は裏向きでも表向きでも取る事が出来る。

取った駒は、裏向きで相手に見えないように置いておく。

取った駒は、相手に見えないように自分だけ確認することが出来る。

相手の王駒を取ったら勝ちとなる。


以上が、暗象棋の遊び方です。

象棋と違って運の要素も多分に含まれているので、実力差が異なる者同士でも充分楽しむことが出来ます。

対局を見ていると、なるべく裏返しの駒を表にせず、表にした駒を進めて行くという戦法が、多く採られていました。



暗象棋は、非常に面白い遊びなので、多くの人達の間で遊ばれる事を願っています。


高級プラスチック製・トランプ型二色象棋牌

【1000年以上の歴史を持つ盤上ゲーム】木製中国将棋(シャンチー)

中国象棋 シャンチー 象棋 チャイニーズチェス マグネットタイプ 【shootingstar】

中国象棋

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マックルックの初手の特殊規定 | トップ | 台湾の象棋麻将 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界の将棋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事