TapTopTapDance

おひとりカフェでUMAJOKEIBA

第36回 ジャパンカップ(GI)

2016年12月07日 | 競馬

第36回 ジャパンカップ(GI) 小雨良 東京芝左2400(C)
1 (1) キタサンブラック (武豊) 1人 2:25.8 34.7
2 (12) サウンズオブアース (M.デムーロ) 5人
3 (17) シュヴァルグラン (福永祐一) 6人
4 (3) ゴールドアクター (吉田隼人) 3人
5 (16) リアルスティール (R.ムーア) 2人
1700→0
単 03.14
枠 2.6.8 BOX
ワ 14―01.03.09
ワ 16―02.04.08.12.14
ワ 12.14―02.04

2週分溜めてしまいましたから、着順と買い目だけと思っておりましたのですが。
復習の為に「みんなのKEIBA」を見返してみました。
哲三さんがゲスト出演した回。

キタサンブラックは、単勝3.8倍1人気。
1枠1番は負け知らず。
中山 スプリングS 芝1800
京都 天皇賞(春) 芝3200
京都 京都大賞典 芝2400 

キタサンブラックも武さんもスタートが上手いので、おそらく大丈夫でしょう。
と言うのが大方の見解でした。
なのに、わたしは(笑)。
直前で17番軸のワイドを切り、迷った枠は余計分からなくなり(笑)。
「JC」1着賞金は3億円。国内では最高額。
こういう格の高いレースは、逆らわない方が良いのです。
わたしばかよね♪おばかさんよね♪

JCを逃げて勝利したのは。
1984年 第4回 カツラギエース 西浦勝一 2:26.3
2003年 第23回 タップダンスシチー 佐藤哲三 2:28.7
2016年 第36回 キタサンブラック 武豊 2:25.8
史上3頭目。

前半1000m通過:61秒7
通過順位:1-1-1-1
ラップタイム:13.3-11.3-12.6-12.3-12.2-12.5-12.7-12.3-11.9-11.2

サウンズオブアースには、2馬身半差、付けて勝利。
今年は第36回だから、馬主の北島三郎さんに因んで、とジョークも飛びましたが、堂堂の優勝でした。
北島三郎さんは嬉しいと言うよりも感慨深げに見えました。
母父:サクラバクシンオーと言われたころが、遠い昔のように思えます。

第3回 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII) 曇良 京都芝右2000(C)
1 (3) カデナ (福永祐一) 3人 2:02.6 33.6
2 (9) ヴァナヘイム (A.シュタルケ) 1人
3 (10) ベストアプローチ (川田将雅) 6人
4 (5) ワンダープチュック (武豊) 8人
5 (4) ソーグリッタリング (M.デムーロ) 7人

ダノンディスタンス、カデナ、ヴァナヘイムが注目馬でした。
発走!え?ああ!
またやってしまいました(笑)。

キャピタルステークス 晴良 東京芝左1600(C)
1 (14) ブラックムーン (戸崎圭太) 3人 1:33.5 34.0
2 (9) テイエムイナズマ (古川吉洋) 10人
3 (11) ブレイズスマッシュ (横山典弘) 8人
4 (8) マイネルラフレシア (柴田大知) 6人
5 (5) フルーキー (吉田隼人) 1人

ベゴニア賞 曇良 東京芝左1600(C)
1 (8) サトノアレス (R.ムーア) 2人 1:35.6 33.8
2 (9) エトルディーニュ (田辺裕信) 5人
3 (5) クライムメジャー (M.デムーロ) 1人
4 (1) レッドローゼス (蛯名正義) 3人
5 (10) マイネルアムニス (柴田大知) 6人

白菊賞 雨重 京都芝右1600(C)
1 (10) ゴールドケープ (丸山元気) 9人 1:38.2 37.3
2 (5) ディアドラ (岩田康誠) 1人
3 (1) ドロウアカード (松若風馬) 8人
4 (3) マルモレイナ (田中健) 6人
5 (9) ナムラライラ (和田竜二) 5人
500→2320
ワ 05―01.06.10
馬連 05―02.08

カトレア賞 晴重 東京ダ左1400
1 (8) モンサンレガーノ (木幡巧也) 3人 1:37.8 36.0
2 (5) コーカス (戸崎圭太) 2人
3 (7) ブランエクラ (R.ムーア) 1人
4 (9) ラバピエス (吉田隼人) 5人
5 (3) レッドオーガー (北村宏司) 4人

2016.12.07 記 1-2

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 第33回 マイルチャンピオンシ... | トップ | 第17回 チャンピオンズカップ... »
最近の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事