まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

梅ヶ枝湯

2010-05-13 02:05:00 | 建物・まちなみ
山陽電鉄の高砂駅から、国鉄高砂線の廃線跡をたどって南へ下って行くと、レンガの煙突が見えた。
うわっ!!


廃材が積まれた戸口を覗き込むと、中にかまどがあった。その前に置かれた椅子には座布団が。
人は見当たらなかったが、道具類は所定の位置に収納され、ここが今も現役であることは
一目瞭然である。


あぁ生きた仕事場は美しいなぁ。




日暮れ前に再びここに戻ってくると、煙突は薄い煙を吐いていた。
中も・・・・外観に負けず劣らず素晴らしかった。先客がいたので写真は撮れなかったが。
あぁこんなお風呂に出会えて、今日は高砂に来たかいがあったな。。。

あぁさっぱり。足の疲れも癒された。。。これからも長く続けて下さい。
『兵庫県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 崎山駅の素敵なトイレ | トップ | ゴゴの紅茶 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぷにょさん (yume)
2010-05-13 14:09:02
やっぱり ぷにょさんはすごいなぁ。
一枚残った 関西3day切符最後の最後の時にも、こういう素晴らしい建物に会っていらっしゃる。それは、もう ぷにょさんの感性そのものなんでしょうねぇ。

私なんて、こんなところに来て無駄に時間使うんじゃなかった。。。なんて使い方してしまうことしばしば。。

それにしても、いいですね。。
廃線跡も見たかったし、こんな渋いお風呂にも入ってみたかったなぁ。
Unknown (かずけん)
2010-05-15 08:19:30
おはようございます。
ご無沙汰しています。

1枚目のお写真、とっても嬉しくなりました。
私が廃線跡をたどっていた時にも同じように気になって撮影した建物なんです。
さすがに中は覗かなかったのですが、今も活動しているのはうれしいですね。

トラックバックさせていただきました。
スッキリしました。 (山本龍造)
2010-05-17 23:05:42
「この建物何や知らんけどええ感じ」と思いつつ6×6判で写真撮りつつも検証せんまま帰ってしもた物件でして…おおきにです。
それから「この道、きっと廃線跡やで」と思いつつちゃんと検証せんまま今日に至ってまして…これまたスッキリ。

我がの探究心の低さを知らされました。
おおきに。
yumeさん、 (ぷにょ)
2010-05-19 23:33:40
また仕事が忙しくてコメントの返事が遅れてしまいました。。。スミマセン

3dayきっぷ、最終日に使うなんて、計画性がないでしょう。
まだまだある・・・と思っていたら他の用事ができたり
行く気が起こらない日が続いたり、するんですよねぇ
早めに使う方が混まないしいいですよね。
かずけんさん、 (ぷにょ)
2010-05-19 23:38:15
お久しぶりです。
かずけんさんも高砂線をたどって歩かれたのですね。
あんな煙突がいきなり現れたらいやでも目に付きますよね~
高砂駅から港まで、ほぼ全線が遊歩道になっていてモニュメントがあったりして
謎めいた感じはないですが、鉄道の記憶を大切にしているのはいいですね。
歩いた記事もまたアップします。(書きかけのままです。。。)
山本龍造さん、 (ぷにょ)
2010-05-19 23:45:26
スッキリされて何よりです(笑)。
あの廃線跡は検証しなくてもどう見たって廃線跡ですね。ちょっと明らかすぎてもの足りない気も・・・(苦笑)

梅ヶ枝湯は是非とも入って下さい。
外観も左右非対称でしょう。脱衣所の配置がちょっと変わってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
兵庫の町並みスナップ(5) (かずけんの随想録)
撮影日:2010年1月9日(土)晴れ 場所:兵庫 高砂 機材:XE , NEW MD 35/1.8 , NEW MD 50/1.2 , ND4 , ND8 フィルム:DNP CENTURIA 100 スキャナ:NIKON COOLSCAN V ED どうも山陽地方は、このような時代が止まったような地域が点在しているような気がする。 工業地帯...
ある銭湯3 (Life with Leica)
Takasago City KONICA MINOLTA α-7DIGITAL SIGMA 18-35mm こちらで紹介した銭湯。 湯を沸かすための薪が積んである。
高砂の町並み (m's diary)
昨日は建築巡り講座で念願の多木浜洋館「あかがね御殿」の内部見学へ行ってきた。 外観からして異様な風格が漂う建物の内部は一体どんなものなのか~?と期待しつつ見学に参加したが、 期待を裏切らない豪華絢爛な内装を堪能することができた。 日常、使用されている建物....