まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

あやめ池温泉とパレス温泉

2013-09-09 23:45:37 | 建物・まちなみ
東洋民俗博物館で展示物の説明をしていただいた後、最後にあやめ池の昔の案内図を見せて頂いたのだが、
これがとても興味深い。池のぐるりを汽車が走り、ボート乗り場や演芸場、映画館などがある。
遊具エリアはわずかで、無料休憩所が多数配置されゆったりと散策できる公園だったようだ。


駅の南側に注目すると、大きな温泉センターが立地し、その横には新地も描かれている。


「あやめ池温泉場」と書かれた絵葉書も。こんなモダン建築が駅の南側にあったとは!
聞くと昭和20年代ぐらいまであったらしい。温泉地の名残はあるんだろうか?
理事長いわく、新地の建物が個人病院になっている、と。ええっ、残っているのか!


もう夕方だが、博物館を出て温泉場の付近をちょっと歩きに行ってみることに。


駅もロータリーができ洗練された雰囲気になっていたが、遊園地時代からの幅広の階段は健在。
そして駅南側へ通じるこの通路もおそらく変わっていない。


あやめ池商店街のアーチがレトロな雰囲気。


南側は昔ながらな表情。以前は動物の形をしたかわいいベンチがあった記憶が。


駅からまっすぐ歩いていくと、大きなマンションと、その手前に立派な大屋根の木造建築が。
ここだな。マンションの敷地に温泉場があったと思われる。


そして今は病院となっているこの建物。1階は改修されてしまったようだが、2階の連続窓は
まさに当時のままの姿と思われる。すごい。

この筋にある旅館もやはり温泉時代からの流れを汲んでいるのだろう。

あやめ池の元温泉地をあとにして、生駒の温泉へ移動。パレス温泉、お風呂屋である(笑)。


向かいの元旅館と思しき木造3階建とあわせてとてもいい雰囲気。ちょっとした温泉地の路地のような。


あるいは、ほんとに温泉地だったのだろうか??


各所化粧合板などに替えられているが昔ながらのお風呂屋。あぁリラ~ックス。


生駒市内で最後の1ヶ所らしいが、私が滞在している間にも次々お客がやってきて賑わっている。
常連さんの置き荷物も棚に30個ぐらいあるし、まだしばらくの間は安泰そうだ。ほっ。



『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東洋民俗博物館 | トップ | 竜宮通り社交街 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳥瞰図 (マユ35)
2013-09-10 09:23:21
昔の私鉄案内地図の典型ですね。
私はヤフオクで、阪和電鉄と南海鉄道の路線図を落としてもらいましたが。

菖蒲池駅南側は、今でも緑色の電車が発着していそうな雰囲気を残していますね。
ツボ。 (yume)
2013-09-11 09:12:40
あ。。いいなぁ。 こういうの、やっぱり私はこういうのが好きなんだよなぁ。。と思います♪
 今、滋賀県の「ブロガーによる歴史探訪情報発信事業」に追われていますが。。 私が好きなのはやっぱりこういう感じだと。。ため息です(笑)
予約投稿しながらどんどん先の記事を作っていますが、今 「沖島」への船の話を書いていてちょっと楽しくなっている。 うん。。私はこういうのがいいよなぁと。。。

やっぱり もう少ししたら私らしい旅をして私らしい時間を過ごしましょう
マユ35さん、 (ぷにょ)
2013-09-11 13:16:30
昔は各地でこういう絵図を作っていましたね、私もいくつか持ってます。
ちまちました絵をじっくり見ていくと楽しいですよね!
ちゃんと東洋民俗博物館も描かれていますから、昭和初期から戦前の絵図と考えられます。

池の中央に半島のように張り出した場所には神社があったようですが、
今は結婚式場になっています(笑)

yumeさん、 (ぷにょ)
2013-09-11 13:21:40
ブロガーによる発信事業、精力的に書かれていますね!
主催者の意向があるので記事の内容も気も使いそうですね。
自分の記事でさえままならない私には、やっぱりそういう余裕はないなぁ(汗)
行ってきました (びんみん)
2014-09-30 02:41:14
ぷにょさん、ごぶさたしています。
こちらの記事を参考にさせてもらって、あやめ池温泉跡に行ってきました。
この地図良いですね。
記事に書いたのですが、お寿司屋さんの魚米(うおよね)のご主人がこのあたりのことにかなり詳しくて、また話を聞きに行こうと思います。
東洋民俗博物館にまだ行けてないので、そちらもぜひ訪ねたいところです。
びんみんさん、 (ぷにょ)
2014-10-02 18:57:51
ごぶさたです。
あやめ池に行って来られたのですね。
昔をよく知る地元の人に出会えたのはラッキーでしたね!
魚米のご主人も好きなんでしょう。絵がうまくて感心します。

パレス温泉もどうぞ!
Unknown (竹下)
2015-07-20 22:13:08
あやめ池温泉場は1957年までOSKのホールを併設でしたが、あやめ池遊園地にOSK劇場ができてからは催会場になっていたようです。
建物は1974(昭和49)年6月に解体されたようです。
竹下さん、 (ぷにょ)
2015-07-23 22:43:17
ようこそ、いらっしゃいませ!
あやめ池温泉場にOSKのホールがあったのですね!
そのあとは催会場になっていたと・・・そうなんですか。
昔バイトでOSKの子と一緒になったことがありました。
一緒に百貨店でモノ売ったりしていました(笑)
建物が解体されて、温泉はどうなったんでしょうかねぇ。。。
パレス温泉に引かれている、なんて??

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あやめ池温泉場跡と新地跡(奈良市) (日常旅行日記)
以前から訪ねようと思っていた奈良市の菖蒲池を訪ねました。 ただし、あやめ池遊園地