まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

島根の旅 三江線の駅めぐり 石見川本駅

2016-12-12 23:29:03 | 鉄道風景
三江線の続き。

江津本町駅から三江線列車に乗って、広島へ向けて帰路につく。この列車の終点、石見川本まで。
今回の旅の間で、この区間を乗るのは実に5回目!何度も往復しているので見どころのスポットが
だんだん分かってきて、事前にカメラを構えられるようになってくる。
これはトンネルのすぐ横に流れ落ちる滝。昨日因原から川平へ移動するときに見つけてから
狙っていたが、ようやく撮れた(笑)


昨日訪れた静かな因原駅、今日停車したらハイキングスタイルの人々が20人ぐらい乗ってきた!
なんだなんだ!?どうも三江線を使ったイベントのようだ。


石見川本駅に到着。ウォークラリーの人々もここで降りていった。
この駅から浜原行きの列車に乗り継ぎとなるが、うまい具合に20分ほど時間があるので
途中下車して外へ出よう。


地図を見ると銀行や商店が並び建ち、石見川本はこの地域の経済の中心であろうことが分かる。
江津を除くと三江線沿線でいちばん大きな町だろう。


1934(昭和9)年に石見川越~石見川本間が開業した当初は終着駅だった。


ここにも池があった!


味わいのある手書き文字の駅名。


まちを歩けば面白そうだと思ったが20分では繰り出せない。残念だがまたの機会に。。。


浜原行きの列車が出る。
江の川はくねくねと激しく蛇行しているが、三江線は浜原の手前まで一貫して左岸を走る。
鉄道が廃止になったあと、江の川の水運を復活させるのはどうだろう!?


鉄橋がいくつも現れる。山間に架かる鉄橋は鮮やかで人工的な色なのに、なぜか景色として調和し
美しく感じるのは不思議だ。


木路原駅。棒線駅で何にもないけど、この趣。。。


これはさっきのと似ているがまた別の橋。栗原橋かな。


昨日最後に訪れた石見簗瀬駅


数々の橋の中でもひときわ美しい水色の曲弦トラス橋は、1954(昭和29)年竣工の吾郷大橋。


あぁ、三江線の車窓風景は飽きることがない。


続く

※文章の一部が認識間違いだったため削除しました。
『島根県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島根の旅 江津本町のまちを... | トップ | 島根の旅 三江線の駅めぐり... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鉄橋 (yume)
2016-12-20 21:18:30
そうそう、三江線の車窓から見える様々な鉄橋が面白いですよね。
あー なんだか、また一往復二往復したくなってきました(笑)
もう人が多いでしょうね。
yumeさん、 (ぷにょ)
2016-12-22 00:12:30
三江線、yumeさんの後追いで行ってきましたが、ほんとによかったですね。
橋も川も、駅も山も、あぁ、日本の風景っていいなぁ、と思いながら乗ってました。
廃止は平成30年ということですね。もう絶対に覆らないのでしょうか。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。