まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

佐賀~長崎の旅 高取邸リベンジ!

2016-10-16 22:43:19 | 建物・まちなみ
西唐津からの続き。

※あと2~3回はまだ長崎県に入らないのでタイトルに「佐賀~」をプラスすることに。。。(苦笑)

西唐津駅から歩いてやってきた高取邸。前回行ったときはまさかの定休日で(それでも特別にちょっと見せてもらえて
十分ラッキーだったのだが)、もう一度行かねばと思っていたのだ。今回は土曜日なのでもちろん開いていた。


まずは外観をじっくり見てから、中へ入る。写真撮影禁止は変わらず。他のグループへのガイドが始まった
ばかりだったので合流させてもらい、主屋の生活空間、接客空間と順に見ていく。


今日は雨戸も開いていて明るいのでよく見える。寝間と書斎にある暖炉のタイルの鶴亀模様もよく見えた。


しかし基本的に室内が暗い状態を想定して作られており、欄間を通した光の効果などは雨戸を閉めてあった
前回の方がより感じられたし、陰影や艶なども際立って建物が魅力的に映った。
説明は以前聞いた内容とさほど変わらなかった。→建物の概要は前回の記事参照。
思えば前回休館日の特別案内は駆け足だったけどかなりフルサービスだったな!!


二階の大広間からの見晴らしは今回初めて。唐津湾が見え、昔は唐津城も見えたらしいが間に建物が
建ったので見えなくなってしまった。


そして、附属屋がいろいろあるとのことで、主屋の見学が終わったあと、敷地内をぐるっと回った。


日常の生活空間である主屋の西側に食糧庫や湯殿が建っており、開け放たれた窓から中を覗けるようになっている。
これは家族湯殿。一部は復元かもしれないが壁や床のタイルは古そうだ。


そして天井はこの通り、唐傘天井!(不自然な格好で撮ったのでかなりボケてしまった・・・)


その奥にはレンガ造の貯蔵庫が。さっきのガイドさんの説明によると、この地下がワインセラーに
なっているとか・・・


なるほど、地下へ降りる階段が。小さな小屋だが左右の両方にこのような階段がある。




ほんとだ!!確かにワインセラーがあった。能舞台のある接客空間は明治だが、生活空間である居住棟は
1918(大正7)年にできているからこのワインセラーも同時期だろう。しかし大正にしてもハイカラだ!

もちろん今はもう使っておらず置いてあるのは空瓶だろうが、雰囲気あるなぁ~!ここでワインの立ち飲み
スタンドとかやったらどう!?

そのあと主屋の周りをぐるっとまわってお庭の方から建物を見る。


外から見ただけでは、ゆったりしたお屋敷であることは分かるが、まさかあのような能舞台が
組み込まれているとは想像もできない。


一周して最後に千鳥破風の玄関で、さっきのガイドさんが言ってた話を確認しよう。
玄関の欄間部分の六角形の透かしは、一見よくある組子のデザインに見えるのだが、実はそうでなく
一枚の板から切り出して(彫り出して)あるのだとか。


じーっ・・・・ほんとだ!!すごい!


いや~高取邸はやっぱり見ごたえあったな。リベンジできてよかった!

続く
『佐賀県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐賀~長崎の旅 西唐津駅から | トップ | 佐賀~長崎の旅 虹ノ松原駅... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。