まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

佐賀~長崎の旅 呼子のまちを歩く その2

2016-10-14 00:06:09 | 建物・まちなみ
呼子の続き。

港の裏道、否、メインストリートをぶらぶら歩いて戻る。
行きしなはイカを食べるために急いでいたので(笑)、帰りはゆっくり見て歩こう。
新しいのか古いのかよく分からない感じだが、ちょっと気になっていた高台のお宅。


外壁はサイディングで完璧に覆われているが、よく見ると軒まわりは板張りになっていて洋館のつくり。
エントランスのあたりもやはりちょっと古そうだ。サイディングを張る前はどんなんだったのかなぁ。


こちらは銀行っぽいモルタル塗りの建物。


おそらく銀行でまちがいないだろうが、プレートも文字の跡も何もなく全く分からず。


そしてさっきのお風呂屋の建物。やっぱりやってないよなぁ・・・あぁ現役だったらなぁ。






横のガラス窓が割れていたのでちょっと覗いてみると・・・うわぁ~~っ!!
めくるめく豆タイルの世界が広がっていた!


壁にはタイルモザイク画が完璧な状態で残っている。
男女の仕切り壁の丸窓は、見えそうで見えない型板ガラスがはまっているのが心憎いね~


噴水のようなかわいい円形の浴槽。グリーン、オレンジ、ピンク、水色、赤・・・カラフル!
内側の水色のタイルがはがれているのは痛々しいが、外側など全く傷んでいないところを見ると、
補修するためあえて剥がそうとしたのか。。。


こんな素敵な銭湯建築を朽ち行くままに捨て置くなんて・・・あぁもったいない~~
カフェにでもしてほしいなぁ。


そのうち時間がなくなってきた。。。ヤバイ。このバスを逃すと大幅に予定が狂ってしまう。


鯨組の建物も入ってみようと思っていたのにもう時間がないなぁ。


最後は小走りになるのはいつものこと(笑)。何とか唐津行きのバスに間に合った。


続く
『佐賀県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐賀~長崎の旅 呼子のまち... | トップ | 佐賀~長崎の旅 西唐津駅から »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。