まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

象嵌タイルを作ってみた。

2017-06-01 23:15:49 | ディテール
これはだいぶ前に作ってみた象嵌タイル。

下地を作って半乾きになったところで模様を彫り、そこに化粧土を塗って模様の部分に詰め込んでいく。
化粧土がほぼ乾いてから、かんなで表面の化粧土を削ると、模様の境界がくっきりと出てくるのだ。
象嵌というと、模様の部分を透かし状に切り欠き別の色の土を詰めてあると思い込んでいたが、
表面近くだけだったんだ、と驚いたのだった。


白い土に茶色の化粧土を詰めて、青いのはトルコ釉をかけたもの。かかり具合が違っているが
意外と薄めにかけたのがいい感じ。
薄い水色のは青磁釉をかけた。化粧土の茶色とあいまって上品な感じに仕上がったな。


白いのは、ちょっと模様をぼかそうと思って乳白の釉をかけたのだが、あまり効果がなかったか(苦笑)


やはり模様をつけているから、上にかけるなら薄めの色の透明系の釉薬がいいな。
「青交ち」「緑交ち」、織部やあめを薄くかけるとどうだろう。また今度試してみよう。
『大阪府』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW新潟 サフラン酒本舗 | トップ | GW新潟 サフラン酒本舗 離れ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mayumama)
2017-06-05 00:04:16
象嵌タイル、かわいい~!
くっきり模様が出てるね。
タイルも角がぴしっと決まって反りもなく美しい仕上がりで!
もうすっかりタイル職人やなあ。
私も象嵌しようかなあ。
mayumamaさん、 (ぷにょ)
2017-06-05 00:26:21
反ってる反ってる(汗)
上にかける釉薬にもよるみたいで乳白をかけたのが
大きく反ってしまったよ~~
模様を彫るのが結構難しくて、直線でも結構彫りすぎてしまったりして・・・
曲線彫るのは難しそう~
器用なmayumamaさんならうまくできるかも!やってみて~~

コメントを投稿

ディテール」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。