プン吉 punkichi の台所★海外遠征大好きな、完全禁煙南国料理店「島結」は飛ぶ!

台所は料理するだけの場所でなくいろんなことを思う場所♪南国料理・泡盛の店「島結」からのお知らせもあるよ

セツ・モードセミナー閉校に寄せて

2017年04月25日 | こんなことありました
私が在籍し、卒業したアートスクール「セツ・モードセミナー」が、今期の卒業式を終え、閉校したというニュースがラジオで流れました

ええ〜!
そうだったの?

ビックリして連絡がとれるセツ仲間に知らせたところ、彼女達も知らなかったようで一様に「寂しいねえ〜」と…

セツ・モードセミナーは長沢節校長が主宰する、デッサンが中心の授業で数時間を過ごす
長沢節先生は会津若松市で生まれた方で、その美的センスははかりしれない

当時のセツは、先着順で入校する謎の学校(笑)
実家のある村に才能ある芸術家の孫がいて、その人のススメで私はセツに願書を出しました
その人もセツの卒業生です

ちょいとおしゃれを気取ってた田舎者の私は、セツで頭をブン殴れるくらいのショックを受けます
都会の人のセンスの良さ、校風の西洋かぶれ具合、授業の斬新さ
全てが私を打ちのめしました
そのオシャレで自分の現実と掛け離れた雰囲気が私を萎縮させたのは間違いありません
授業の中で良い作品に与えられるA
私は一回も貰えませんでした

大原での自転車による事故により82歳でセツ先生は亡くなりました
お別れの会は喪服禁止!セツ先生らしいですね

セツの芸術はアウトサイダーであるべきだと
それが叶わなくなったのが閉校の理由の一つだそうです
私はずっとアウトサイダーの人生を歩いてきました

地元を離れているだけでもアウトサイダー
バリでの人生もアウトサイダー
神奈川での起業もアウトサイダー
沖縄料理もアウトサイダー

Aはもらえなかった私ですが今もずっとアウトサイダーです
アウトサイダーであれ!
それだけは守っていますので、今ならAをもらえるでしょうか?

セツ先生は缶コーヒーが嫌いでした
利便性だけを追求するものや、本質が伴わない模倣品を「醜い!」と評してました
思えばずっとエコでナチュラルな人だったんです

若く都会に憧れただけの私には理解できなかったのです
おばさんになり、それなりに人生を重ねた今ならセツ先生とお話しできるんですが…

今日の私はセツ・モードセミナーの階段、デッサンをした教室、カフェ、テラス、良い仲間や先生達とともにあると感じられます
学び舎というとちょっとちがうかな?
フランス語で表現するのは難しいですが

a la Setsu

アラ・セツ
セツ風の…

セツ・モードセミナー風

懐かしく、ありがたく、憧れます

さようなら セツ!

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週末はスパイシービーフカ... | トップ | パクチーを使ったインド風の... »
最近の画像もっと見る

こんなことありました」カテゴリの最新記事