へなちょこPUNXで何が悪い!!!

へなちょこ人間,だわのへなちょこ日記。不定期更新ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2015年05月15日 03時31分22秒 | Weblog
きっと
しらないから
きっと
とどかないなら
キミノオモヒ
タレノオモヒ
きっと最後まで
忘れていた彼の台詞に
いつかの私の
感情重ね
誰のタメに
我がタメに
あの日の夕焼け
淡い橙
さよならの
意味
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2015年03月20日 00時44分32秒 | Weblog
赤い花 赤い花
君に捧げた赤い花
忘れられない 赤い花

優しい暖かかさ
寂しい暖かさ
僕に咲いた赤い花

咲かないままではいられなかった
咲かずに待っていられなかった

赤い花赤い花
君のために赤い花
本当は僕の 赤い花

冷たい 温かさ
冷たい ままの花

それだけの赤い花
忘れられない赤い花
忘れたくない赤い花

僕の腕に咲いた 赤い花
今僕に咲いた 赤い花

君のために
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014-11-29 22:20:14

2014年11月29日 22時20分14秒 | Weblog
なんやねんな、
っていう、
あのこのことばで、
あなたを、
おもいだしたよ

なにしてるのかな
やさしいおもいですか
あたたかいおもいですか

あなたのあさを
ともにたしかに
かんじたあのひ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2014-10-01 01:05:02

2014年10月01日 01時05分02秒 | Weblog
こわい こわいこわい
よるがくるとこわい
きりたいきりたいきりたい
いたみでじぶんがわかるから
こわいきりたいこわいぬきたい
ぶちぶちぶちぶちぬいていこう
こわいこわいこわいこわい
あたまがまっかにばくはつしてる
あたまのなかがぼやけてみえない

こわいこわい
いやだいやだ
たすけてたすけて

きっちゃだめ
たたいちゃだめ
ぬいちゃだめ
がまん
がまん
がまん
つらい
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2014年08月18日 03時19分49秒 | Weblog
どんな未来にも「大好き」から先はないのかもしれない
愛とかいうもの、過去にしか無いものですから
かつて愛した誰かの影を追いかけるだけ
楽しい安心感は好きの先へは行けません
痛みと悲しみと憎しみを併せ持つような愛情
そんなものもう二度と感じることができないのでしょうか
あの頃は痛かった
悲しかった
寂しかった
苦しかった
あんなに誰かを思って泣くことなど
自分を犠牲にすることなど

痛みをください
愛ってなんだったけ
苦しみをください
愛とか忘れたかも
悲しみをください

あの頃に戻りたいなんて言わないけど
かつての私を慰めたくもないけど
また誰かを思って泣きたいんです
ただひたすらに涙を流したいんです
泣いて泣いて泣いて
私の魂を誰かに捧げたいのです

「ねぇ君、愛は痛いのです。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014-07-05 04:24:40

2014年07月05日 04時24分40秒 | Weblog
助けてくれるなら
優しい誰でも
助けて貰えるなら
私の全てを渡します
私の一生を貴方に
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2014-07-05 03:56:58

2014年07月05日 03時56分58秒 | Weblog
誰かの言葉を語るには悲しすぎました
誰かの優しさを貰うには遅すぎました
誰かの心に縋るには愛しすぎました

桜の季節が過ぎました
紅葉の季節も過ぎました
私は誰を待っていたのでしょう

言葉で殺して
恨みを私に
呪われた血を分けて下さい
いつかの涙が止まるまで
さよならの決意を決めるまで

壊れた夢を語るには優しすぎました
夕立が帰って行くには明るすぎました
悲しみの手紙をしたためるには揺らぎすぎてました

セミは死んでいきました
雪は溶けていきました
誰が私を待っているのでしょう

絶望が私に会いに来てくれるまで
さようなら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

擦れ草

2014年05月26日 17時21分38秒 | Weblog
声の夢 忘れた唄 離れた手
悲しい窓は氷みたいに溶けてった
夢の橋 忘れた声 壊れた手
約束みたいな手紙は届かなかった

ゆらゆら落ちた水の音
氷砂糖の後味みたい
舌下に咲いた蜜の花

風の便りはあったかい
夢に香りはあったかい
誰をいつまで待ってるのかい
針葉樹が枯れるのも待たないで

さよならと動いた唇は誰のものだったか

宵の暮 忘れた今日 爛れた明日
勿忘草の約束を持っていかなかった
明けの空 忘れた昨日 仕舞った想い
あの風が吹いたら思い出してあげよう

ふわふわ舞った羽の音
秋の終りの悲しさみたい
舌下に咲かせる青い草

忘れた手紙は見つけたかい
咲いた花は摘んだのかい
誰がいつまで待ってるのかい
針葉樹はもう枯れてしまったのに

あの日の感情は誰のものだったか

重なる三角形の先にあの星を見つけよう
誰のものでもない空に名前を付けよう
永遠を信じた心を閉じ込めよう
無間階段を上る僕に祝福を
誰にも愛されなかった僕に祝福を
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2014年05月13日 08時28分51秒 | Weblog
可哀想な私がまた出来上がりました
必要とされた喜びひとつ
自己嫌悪ひとつ
私より強いひとが
また私を追い越してった
もうすぐ見えなくなるね
もう追い付けないね
また私だけ
依存だけして置いてかれるんだね
さびしいんじゃないくやしいだけ
大事な私をまたひとつ失くしたから
ごめんなさいさようなら
言葉にするのは怖いからまだ言わないけど
ひとつ終わっていくんだよ
だんだん離れていくんだよ
一番好きな私を嫌いにならないために
傷だらけで笑っていくよ
痛みは証拠
ここにいる意味
どうかお元気で
遠い未来、またいつか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2014年04月26日 22時43分00秒 | Weblog
心が動いた、久々の感覚です
調子がいいものですね
おめでたいやつですね
ただ甘えてるだけですね
わがままなだけですね
わがままは病気でしょうか
だから嫌い
だから消えちゃえばいいのに
馬鹿ですね
どうせ今から笑うんだ
さっきまで泣いてたくせに
笑えなかったくせに
死ねよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加