劇団ぷにぷにパイレーツ座長日記

劇団ぷにぷにパイレーツ座長・石崎一気が、演劇、パントマイム、音楽等、舞台芸術の情報を、毎日発信!

早起きが止まらない

2017-08-31 07:35:56 | 演劇
第35回公演「夢のあとに」に向けて、およそ3か月間、毎朝早起きをして稽古を続けてきました。
それがすっかり習慣となってしまって、必要ないのに、いまだに早く起きてしまいます。
早く起きてもやることがないので、本を読んだりしていますが、なんだか虚しい…。
稽古の充実感には及ばないのです。

やはり、僕は稽古が一番好きなんですね。
稽古のモチベーションや集中力を上げるために、本番を設定しているような感じです。
公演が終わると、すぐに次の公演をやりたくなってしまうのはそのためです。
のんびりしていても、僕は全然楽しくありません。
自らを磨いている時が、最も幸せなのです。

この記事をはてなブックマークに追加

契約完了

2017-08-30 07:36:02 | 演劇
第35回公演「夢のあとに」が終わったばかりですが、すでに第36回公演の日時と会場は決まっています。
会場との契約も完了しています。

年々、劇場の数が減っていて、演劇の上演の場所を確保するのが難しくなっています。
それなりの会場を押さえるには、半年前では遅いくらいです。
まずは場所を確保して、それから内容を考えるのがスタンダードになりつつあります。
下北沢や新宿辺りの人気の劇場だと、3年前に予約しないとダメという話を聞いたことがありますよ。
3年後、劇団がどうなっているかなんて分かりっこないのに…。

今回契約したのは初めてお借りするところなのですが、なかなか使い勝手が良さそうで気に入っています。
これまでとは雰囲気の違った、新しい魅力を発揮することが出来そうです。
「夢のあとに」の後始末が終わり次第、第36回公演の準備に入りたいと思っています。
休んでいる暇は、ありませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

連合稽古

2017-08-29 07:36:14 | 演劇
第35回公演「夢のあとに」が終わったので、少し余裕が出ました。
この時期、色々な公演や催しを見て、勉強しておきたいものです。
そこで、先日、”お江戸両国亭”で開かれた「相撲芸人来舞 連合稽古」を見に行ってきました。
相撲をネタにする芸人さんたちによる、寄席のようなお笑いライブです。
僕が、放送の仕事でお世話になっている方も出演していたので、応援も兼ねて出かけました。

会場は満員で、観客の大半は若い女性たちです。
開演前は、みんな超マニアックな相撲トークで盛り上がっていました。
相撲好き女子=スー女が急増と良く言われますが、想像以上でした。
一方、男性客は、みんなでかい!
背も高く、体重も100㌔を超えそうな人ばかりです。
間違いなく、元力士ですね。

出演は、あかつ、マービンJr、キンボシ、ゆんぼだんぷ、オオイチョウの5組です。
力士出身の芸人さんが2人!
上半身裸で出演したのが4人!
本当に、見た目が暑苦しいライブでした。
でも、芸は練り上げられていて、かなり面白かったです。
特に、あかつさんの「関取の付け人モノマネ」は下らないけど凄かった!
動きがキレキレで、バカバカしいけどキレイなんですよね。
やっぱり、舞台に出るものは美しくなくてはいけません。
あらためて、そう思いました。

この記事をはてなブックマークに追加

まさに「夢のあとに」

2017-08-28 07:32:57 | 演劇
第35回公演「夢のあとに」が終わって、少し時間がたちました。
あらためて、メールで感想を送って下さる方がいらっしゃいます。
その方々が、皆さん、同じようなことを書いて下さっています。
「公演を見終えた今、まさに”夢のあとに”といった感じです」

今回の公演は、全作品、夢がテーマでした。
また、夢を見ているかのような幻想的な舞台を心がけました。
それが上手くいったということかもしれません。

最近、僕は、世知辛い世の中をリアルに描く作品を作っていません。
演技や演出のスケールを大きくするために、あえて非現実的な世界を設定しています。
どちらも僕の持ち味だと思っていますので、出演者に応じて適切に使い分けていきたいですね。

この記事をはてなブックマークに追加

まだ何も…

2017-08-27 08:16:37 | 演劇
きのう、「夢のあとに」の公演を見てくれたアートマイムの仲間と会うことができました。
演者の立場からの感想を聞くことが出来て、大変参考になりました。
作品作りの大変さを知っている人たちだけに、70分の舞台を一人で務めたことをすごく褒めてくれましたね。
演技が雑になる瞬間がなかったこと、足のつま先まで抜けがなく気が通っていたことなども、絶賛してもらいました。
なかでも、2本目に上演したマイム作品「夢のとき」に話題が集中していましたね。
「私がやりたい作品」と言う人もいました。
「ストーリーがないから、かえって動きに集中できる」という意見も面白かったですね。
こんなに評判が良いのなら、今後の公演でも、マイム作品をしっかりやっていこうと思います。

実は、来月末に、新作のアートマイム作品を発表することになっています。
しかし、これまでずっと「夢のあとに」に集中してきたので、まだ何も考えていません。
使えそうなアイディアは、すべて「夢のあとに」でやってしまいました。
これは、ヤバいぞ!
大急ぎで作品作りに取り組まなくては!

この記事をはてなブックマークに追加