劇団ぷにぷにパイレーツ座長日記

劇団ぷにぷにパイレーツ座長・石崎一気が、演劇、パントマイム、音楽等、舞台芸術の情報を、毎日発信!

Takasitarさん久々のライヴ

2013-03-31 08:19:42 | 音楽
劇団”ぷにぷにパイレーツ”のファンの皆さんなら、Takasitar(栗原崇)さんをご存じですよね?
旗揚げ公演から第9回公演まで、数々の”ぷにぷにパイレーツ”の公演に参加してくれたシタール奏者です。
広島で開催した第3回公演「わしらはみんなぷにぷにじゃけん」にも出演して貰いました。
いつも素晴らしい演奏で、公演を盛り上げてくれています。

そのTakasitarさんが、久々に、東京でライヴ演奏を行います。
今回は、お師匠さんにあたるアミット・ロイさんのコンサートにゲスト参加するようです。
インド音楽界の巨匠の演奏だけでも楽しみなのに、Takasitarさんの生演奏が聞けるとなると、これはもう行くしかありませんね。
日時は、4月13日(土)18:30開演。
会場は、品川区立・荏原文化センター・大ホールです。

詳しい情報は、またご紹介します。
皆さん、是非、お出掛け下さいね。

この記事をはてなブックマークに追加

るるぶ 広島カープ

2013-03-30 08:49:24 | スポーツ
ああ、しまった…。
また、無駄遣いをしてしまった…。
ついつい、必要のない本を買ってしまいました。
「るるぶ 広島カープ」という、観光ガイド本です。
定価は905円(税別)です。

「るるぶ」といえば、各地域ごとの見どころをまとめた、JTBのムックです。
うちにも、「名古屋」「群馬」「栃木」「福岡」「伊豆箱根」ほか、このシリーズは何冊もありますよ。
それが、観光地ではなく、球団のくくりで一冊ムックを仕立て上げるとは!
どんな内容なのか確かめたくて、我慢できずに購入してしまいました。

巻頭は、今季5周年を迎えるマツダスタジアムの完全ガイド!
バラエティ豊かなシートの紹介。
ファンの応援スタイル。
スタジアムの飲食スポットまで、細かく紹介されています。
続いて、カープの名選手の思い出や名シーンをRCCのアナウンサーが語るコーナーや、期待の新人、注目選手について!
試合後のお楽しみとして、選手がおすすめするグルメ店、ファンが盛り上がれるお店、OBのお店などのグルメ情報!
さらに、キャンプ地、東京でのビジター観戦ガイドも充実しています。
まさに、「るるぶ」らしい切り口でガイドする、広島カープの応援本となっています。

僕ぐらいの熱烈なカープファンなら、ここに書いてあることは、大概、知っています。
でも、改めて、本にまとめると、良いものですね。
思わず、にんまりしてしまいます。

特に、興味をひかれたのが、選手お薦めのグルメスポットです。
カープOBが手掛けているお店も気になりますね。
(小林誠二さん、原伸次さんのお店等が紹介されています)
今度、広島に帰省した時には、絶対に行ってみたいと思います。

普段、節約を心掛けているのに、なぜカープ関連のものには財布の紐が緩んでしまうのでしょうか?
これで、カープが強ければ問題ないのですが、連敗が続いたりすると…。

この記事をはてなブックマークに追加

プレーボール!

2013-03-29 08:01:16 | 野球
いよいよ本日、2013年のプロ野球が開幕します。
ファンにとっては、今日が元日のようなものです。
今から、18:00のプレーボールが楽しみでなりません。
今後、半年間、生とTVを問わず、野球観戦で忙しくなること必至です。
特に、今年は、WBC直後の開幕とあって、例年とは展開が違ってきそうです。
また、スーパー・ルーキー達が、開幕一軍に入ってきました。
序盤から、ペナントレースから目が離せません!

僕が注目しているのは、勿論、広島カープです。
昨年、カープは残念ながら4位に終わってしまいました。
でも、思い出して下さい。
9月の9連戦前までは、3位をキープしていたんですよ!
その9連戦で、カープは1勝8敗!
ヤクルトが8勝1敗!
ここでひっくり返されてしまいました。
でも、こんな事は、2度と起きないと思います。
去年のこの経験を生かして、今年は乗り切ってくれる筈です。

カープの弱点ははっきりしています。
昨季、(DeNAと並び)12球団最低のチーム打率2割3分3厘で得点力不足に悩まされました。
野村監督も、「投手が去年ぐらいやってくれれば、あとは打線次第」と、攻撃陣の奮起を期待しています。
でも、大丈夫!
去年のようなことはありません!
まず、エルドレッド選手が肘を手術して、速球に対応出来るようになりました。
オープン戦も絶好調です。
新外国人のルイス選手も、打ってよし!走ってよし!守ったら…?
とにかく、良い選手です。
そして、丸選手の成長が凄い!
逆方向に強い当たりをコンスタントに打てるようになっています。
松山選手も、確実性が増してきました。
栗原選手を押しのけて、開幕戦で先発するぐらいの実力を付けましたよ。
まあ、確かに、東出選手の不在は大きいでしょう。
でも、元気いっぱいの菊池選手や安部選手が、その穴を埋める以上の活躍をしてくれることは間違いありません。
決して、リーグを代表する打線ではありませんが、去年のようなことは絶対にありません。
セリーグの他球団の中には、戦力を大幅に落としたところもあります。
ですから、カープは、最低でもAクラス!
普通でいけば2位に入るぐらいの力があると、僕は信じています。
(当然、僕の目標は、優勝です!)

などと、好き勝手なことが言えるのも、今日までです。
はっきり言って、勝敗はどうでもいいんです。
ともかく、ワクワクする野球を見せて欲しい!
「これぞプロ!」というプレーを堪能させて欲しい!
熱い魂を見せて欲しい!
さあ、果たして今年、どんなドラマを見られるのでしょうか?

この記事をはてなブックマークに追加

リフレイン

2013-03-28 08:01:40 | 演劇
夏の公演の脚本の改訂作業をしていて、改めて思いました。
僕の脚本は、圧倒的に、リフレインが多いんです。
同じフレーズを何度も何度も繰り返すのは勿論です。
それ以外にも、同じ単語や、同じ音、同じイントネーションを、執拗に重ねていきます。
「まるで詩のような舞台ですね」と大勢のお客様に言われるのは、そのせいかもしれません。
いずれにせよ、繰り返す部分のセリフは、完成度が高くなくてはいけません。
カッコ悪いモノを何度も聞かされるのは、本当に辛いですからね。
今後、更に厳しく、リフレインのセリフを整えていきたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

打たれ強さ

2013-03-27 08:12:28 | 演劇
夏の公演用で使う脚本の改訂作業に入りました。
まずは、一番短い作品から始めました。

”うーむ…。
なんで、こんな基本的なミスを犯す?
全然、いけてないじゃないか!”

そんな感じで直しを入れていたら、たちまち原稿が真っ赤になってしまいました。
脚本を完成させる作業は、自己批判、いや自己否定の連続です。
辛いことばかり、押し寄せてきます。
たとえ、上演が成功しても、反省しきりですからね。
脚本家に最も求められる資質とは、打たれ強さなのかもしれません。

この記事をはてなブックマークに追加